レンヌが来季のヨーロッパリーグへの出場権に届く

画像出典元 Ligue1.com

レンヌがパリ・サンジェルマンの今季アウェー最終戦で 2−0 と勝利し、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

Ligue1.com によると、パリ・サンジェルマンはパルク・デ・プランスでサポーターの前でうまく試合を開始し、Di Maria の活躍等によりレンヌゴールへ激しく襲いかかったものの、レンヌ GK Koubek ら必死のディフェンスに阻まれ、前半を 0−0 で折り返しました。

しかし、後半 52分に均衡が崩れ、Benjamin André が PSG ペナルティエリア内で PSG DF Kimpembe に倒され PK を得たあと、Bourigeaud がこの PK を確実に決めて 1−0。

直後、PSG 監督 Emery は MF Draxler とMF Rabiot を立て続けに MF Nkunku と MF Diarra に変えて投入した。PSG MF Giovanni Lo Celso が 65分に審判にペナルティ申請をしたが受け入れられず、試合の流れがレンヌに傾く。71分に PSG が前掛かりになっているところを PSG DF Kimpembe がレンヌ FW Hunou に躱され、直後に放たれたシュートが PSG GK Trapp の頭上を超えてゴールに吸い込まれ 2−0。

Koubek は 83分、85分の 2回にわたる PSG MF Pastore の攻撃も退け、レンヌが 2−0 で 2014年5月以来のパリでのアウェー勝利を挙げた。

引用元 Ligue1.com、和訳者 cheren

レンヌが PSG のホームで PSG に勝った!ヨーロッパリーグが見えたのは大きいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)