レンヌがリーグ 5位とヨーロッパリーグ出場を確定

画像出典元 Liege1.com

スタッド・レンヌ FC がリーグ最終戦のホームでのモンペリエ HSC 戦に 1−1 で引き分け、5位と来季の UEFA ヨーロッパリーグの出場権を確定しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

レンヌは 2004/05 シーズンに 4位となって以来、少なくとも勝ち点1で最善の結果となることを認識していた。彼らは得点するための幸運を必要とし、クリアボールが レンヌ DF Joris Gnagnon に跳ね返ったところを レンヌ FW Adrien Hunou がうまく絡んでゴールを決めた(’14)。
モンペリエは直近の 12試合で 2勝しか挙げられずリーグの Top 6 から脱落していたが、とても打ち倒すには難しく、Michel Der Zakarian と選手達はすぐに立ち直った。
レンヌ DF Jérémy Gelin がモンペリエの元ボルトン出身ストライカー Giovanni Sio に倒されたとき、レンヌはフリーキックを得られると感じていたが、プレーは継続し コートジボワール人のモンペリエ FW Issac Mbenza へ理想的なパスを供給し、彼は 8点目のゴールを決めた(’18)。
Sio は殆ど モンペリエに優位を与え、レンヌ DF Hamari Traore を振り切ってクロスバー直撃のシュートを放った(’27)。また、レンヌ DF Gelin が Mbenza のシュートをクリアした (’38)。
モンペリエ GK Lecomte はレンヌ MF James Léa Siliki のシュートをポスト外へ弾いたが、レンヌ GK Tomas Koubek はもっと忙しかった。
このチェコ人は 後半早々の Mbenza の足と Sio のダイブから 2つファインセーブを見せた。
彼はまたレンヌが必要とする勝点を得るためにモンペリエ MF Amboise Oyongo のシュートを防ぎ、来シーズンの UEFA ヨーロッパリーグのグループリーグ進出を決めた。

引用元 Liege1.com、和訳者 cheren

レンヌが最終戦を手堅くドローで収めてヨーロッパリーグを確定しましたね。ここで負けると欧州の舞台が消えることもありえたのでよく踏ん張った!
来シーズンの欧州での活躍を楽しみにしています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)