イグアインがチェルシーへの移籍を目指す

画像出典元 The Sport Review

ゴンザロ・イグアインが加熱しているチェルシーへの移籍報道についてコメントしています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

ゴンザロ・イグアインは、プレミアリーグの試合が好きだと認めた後、チェルシー FC に移籍する可能性があると話した。

アルゼンチン代表は、今夏の移籍に関する憶測の話の中で、セリエA チャンピオンのユベントスでの不確実な未来に直面している。

イグアインは、2016年に激しいライバルであるナポリからユベントスに移籍した後、トリノで 2年連続スクデットを獲得している

マッシミリアーノ・アッレグリ監督の元、アルゼンチン代表フォワードは36試合で16得点、6アシストを記録した。

チェルシー FCは、ブルースでのモラタの難しい第1シーズンに続き、来シーズンの攻撃を改善するための潜在的な選択肢を見極めている。

皮肉なことに、スペイン代表モラタは、イグアインを含む移籍契約の話をするために、ユベントスへの潜在的な帰還と関連している。

そして、ユベントスのストライカーは、木曜日に ESPN とのインタビューでアルゼンチンのフォワードとプレミアリーグへの移籍を結ぶ推測についてコメントした。

イングランドから報道された興味について尋ねられたイグアインは、以下のようにコメントしている。

「私はユベントスと契約しており、誰も何か違うことは伝えていない。私はとても穏やかで、私の魂は今のところトリノに留まっている。しかし、私はプレミアリーグでプレーしたい、それは私をたくさん魅了している。」

チェルシー FC はプレミアリーグの 5位でフィニッシュしたが、マンチェスター・ユナイテッドに 1-0 で勝利してFA カップを獲得した。

引用元 The Sport Review、和訳者 cheren

元レアル・マドリーとナポリ、現ユベントスの FW イグアインが、チェルシーへの移籍報道について前向きなコメントをしているようです。

監督問題がまだ解決していないのに選手を取るというのは、新監督の采配方針とマッチするのか、合わなければ試合に出場する機会が減る、あるいは自身のプレースタイルの変革を求められる、などチームにも移籍する選手にも不安要素しか無い気がします。

ただ、イグアインのような実績のある選手だと、パフォーマンスが悪くない限りは優先的に試合に出させて貰えるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)