アントニオ・コンテがレアル・マドリードとの契約を断った理由

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Chelsea News

チェルシー監督アントニオ・コンテが、ジダディーヌ・ジダンが抜けた後のレアル・マドリード監督の契約を断ったとのことです。

 

引用記事の和訳

アントニオ・コンテは、彼の将来のキャリアについて非常に賢明な決定を下したようです。

多くの人がレアル・マドリードを断ったわけではないが、移籍情報に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオによれば、コンテは潜在的なスイッチを冷たくしている。

理由はとても理にかなっている。レアルマドリードの非常に優れ、かつ非常に大事にされる選手たちは、必ずしもコンテの高強度、および高い作業率の管理スタイルにうまくマッチしない。

ほとんどの監督は、自身のスタイルを機能させるために少なくともスペインのメガクラブからまともな給料を得るために十分に長く自分自身を立ち直らせる必要がある。

しかし、明らかにコンテは、チェルシーで物事がどのように崩壊したかを見て、ジダンの下で簡単にチームを取ることに慣れているチームを得ることを想像し、現時点で未決定なポストを追求することはないと賢明な決断を下している。

これはもちろん、チェルシーに打撃を与えている。チェルシーは、もしクラブがコンテを取り除きたいなら、監督を解雇する必要があるだろう。

出典元 Chelsea News、和訳者 cheren

 

引用記事で紹介されていたジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、移籍市場に精通した Sky Sport のジャーナリストとのことで、彼の情報は相当信憑性が高いようです。その彼の情報ではコンテがレアル・マドリードから監督の打診を受けたものの断ったようですね。

コンテ自身のスタイルとレアル・マドリードというチームの特徴を鑑みて、チェルシーでの監督続行を選んだということが伺えます。

とはいえ、チェルシーは新監督を探すのに躍起になっている現状ですので、コンテが来シーズンどこで監督をするのか、あるいはフリーになるのかは気になるところです。

個人的には、来シーズンはリーグ戦に集中できるので、もう 1年彼に任せたらあっさりとリーグ制覇しそうな気がします。

コメント