AC ミランがチェルシーのモラタと GK ドンナルンマのトレードを検討

画像出典元 Sports Mole

AC ミランが GK ジャンルイジ・ドンナルンマとチェルシーのストライカー、アルバロ・モラタとのトレードを検討しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

AC ミランのドンナルンマは、わずか 16歳でミラノのファーストチームでプレーして以来、サン・シーロから遠ざかっており、多くのヨーロッパトップクラブが彼との契約に興味を持っている。

19歳の代理人であるミノ・ライオラはイタリアの大物と数々の闘いを繰り広げているが、ドンナルンマは Uターンを行う前に去年の夏にクラブを離れる意向を発表した。

チェルシーは来シーズンの終わりに GK ティボー・クルトワとの契約が満了し、ベルギー人がレアル・マドリードへの移籍を熱望していることから新しいゴールキーパーを探す可能性がある。

イタリアのメディア Corriere dello Sport は、スタンフォードブリッジで失望した第 1シーズンに耐え、シーズン終了時にオリヴィエ・ジルーにレギュラーを奪われたモラタと引き換えに、ミラノがクルトワの代わりにドンナルンマを提供できると報じた。

モラタは今年の夏、ワールドカップのスペイン代表から漏れ、ユベントスに 2年間勤めていたイタリアへの復帰という構想には不向きだと考えられている。

引用元 Sports Mole、和訳者 cheren

チェルシーのモラタが AC ミランのドンナルンマとのトレード要員としてリストアップされているようです。

モラタは 2017年にレアル・マドリーからチェルシーに移籍しましたが、シーズン後半にはジルーにレギュラーを奪われており、来シーズンの立場が微妙になっています。

ドンナルンマは AC ミランで GK として先発出場している若手ですが、もしチェルシーに来てくれるなら、クルトワの代わりが務まればいいなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)