インテルがチェルシーのディフェンダー、ダヴィデ・ザッパコスタに興味

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Sportslens.com

インテルがチェルシー DF ダヴィド・ザッパコスタとの契約を検討しているようです。

 

引用記事の和訳

Tuttosport によると、インテルはザッパコスタにイタリアに戻ってくるように説得しようとしている。

ザッパコスタは、イタリアの AC イーゾラ・リーリでデビューした後、同国の US アヴェッリーノ、アタランタ BC を経て2015年 7月にトリノ FC へ入団した。

彼はトリノで 58試合に出場し、2得点を挙げた。

2017年 8月にチェルシーに入団しているが、ザッパコスタは 35試合に出場したものの、スターティングメンバーとして定着できず苦労している。

彼はチェコ共和国で開催された 2015年 U-21 欧州選手権にイタリア代表として 3試合に先発出場したが、グループステージで敗退した。

また、ザッパコスタは 2016年11月のワールドカップ予選でリヒテンシュタイン戦でイタリア代表デビューを果たした。

彼のチーム内の立場としては、レギュラーが確実では無い状態であるが、クラブは昨シーズンのプレミアリーグでの5位フィニッシュを改善するために、今夏の新契約を画策している。

ビクター・モーゼスは、昨シーズン、多くの場面でザッパコスタに好まれており、イタリアに戻ってくる動きはカードにあるようだ。

引用元 Sportslens.com、和訳者 cheren

 

DF ザッパコスタにインテルが興味を示しているという記事ですが、具体的な情報は内容に含まれていないため、情報の確度としては高くないかもしれません。

ザッパコスタは豊富な運動量とスピードに秀でた選手で、昨シーズンチェルシーで 22試合に出場し、1ゴール 1アシストという成績を残しています。また、チャンピオンズリーグでも 1得点を記録しています。

ザッパコスタのプレーシーンとしては、以下の YouTube 動画が展開されています。

Davide Zappacosta – Assists and goals – 2017 – HD

動画出典元 YouTube

コメント