チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが AS ローマの MF を狙う

画像出典元 THE SPORT REVIEW

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、AS ローマ MF のラジャ・ナインゴランとの契約交渉を強化すると発表したようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーFCとマンチェスター・ユナイテッドは、AS ローマの MF ラジャ・ナインゴランのオファーを聞くことを決めたと発表した。

イタリアメディアのウェブサイト Gianlucadimarzio.com は、メトロから引用されたように、ナインゴランが夏の移籍期間にイタリアの首都を離れるかもしれないと報道している。

同記事では、AS ローマはインテルとの間で来シーズンの開始に先立ってベルギー代表の売却について話し合ったとされている。

また、同記事でチェルシー FC とマンチェスター・ユナイテッドが以前からプリバレントな MF に長期的な関心を持っているものの、ナインゴランが中国のスーパーリーグに移籍する可能性が高いと報道している。

ナインゴランは 2017-18シーズン、Serie Aで 31 試合に出場し、4ゴールと 9アシストを達成したが、ベルギー代表監督のロベルト・マルティネスからワールドカップベルギー代表に選出されなかったことで論争となっていた。

また、AS ローマはチャンピオンズリーグでユルゲン・クロップ監督率いるリバプール FC に敗北しているが、ナインゴランはセカンドレグでリバプール相手に 2ゴールを決めている。

マンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグで2位となり、チェルシー FCは 3つ下の 5位となった。

引用元 THE SPORT REVIEW、和訳者 cheren

AS ローマが中国へ MF ナインゴランを売却する可能性が高くなったことで、彼を長い間注視してきたチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがそうはさせじと契約交渉を強化するといった記事となります。

ナインゴランはベルギーとインドネシアの二重国籍を持っており、ベルギー代表を選択した MF で、競り合いに強く精度の高いロングパスを武器とする攻守に優れる万能型選手です。

昨シーズンのチャンピオンズリーグでは、リバプールに準決勝で 2試合合計 6-7 という壮絶な打ち合いの末に敗北したものの、敗北濃厚となった 2nd レグ後半 40分から 2得点を挙げた彼の活躍には胸を打たれました。

チェルシーは MF の層が厚いので、仮にナインゴランがチェルシーに加入したとしたら、中盤のレギュラー争いが更に加熱しそうですが、中国に行っちゃうとアジア・チャンピオンズリーグで日本のクラブが痛い目に遭いそうなので、中国には行って欲しくないです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)