ナポリ等のイタリアクラブがチェルシー DF ダヴィド・ルイスを狙う

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 talkSPORT

チェルシーの DF ダヴィド・ルイスを SSC ナポリを含むイタリア 4クラブが獲得を検討しているとのことです。

 

引用記事の和訳

ブラジルのスターはスタンフォード・ブリッジで厳しい2017/18シーズンを迎え、クラブを離れることが予想されている。

SSC ナポリは、ダヴィド・ルイスにオファーする 4クラブのうちに 1つである。

昨シーズン、このブラジル人はスタンフォード・ブリッジでアントニオ・コンテからの信頼を失い、2018年に入ってわずか 4回しか試合出場が無かった。

彼はベンチで別のシーズンを過ごすことに消極的であり、彼の将来を考えてセンターバックを残した。

UOL Esporte によれば、ルイスの代理人はナポリの他に 3つのクラブがルイスに興味を持っていると言われている。

イタリアのクラブの関心として、ナポリの新しい監督カルロ・アンチェロッティが 31歳に着目していることが数週間前に知られている。

ルイスにオファーする他の 3クラブは不明だが、そのうちの 1つが彼に中国に向かうチャンスを提示したと主張している。

このような動きはルイスにとって非常に有利かもしれないが、SSC ナポリに所属してチャンピオンズリーグでプレーするチャンスはもっと魅力的かもしれない。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

ダヴィド・ルイスに声をかけているクラブのうち、具体名として SSC ナポリのみが明らかになっていますが、残り 3クラブはどこのチームなのでしょうか。1つは中国クラブの可能性を示唆していますが、このクラスの選手を引っ張れる力を持つ中国は、相変わらず資金力が豊富ですね。さすがサッカーでは途上ながら物凄く真摯に取り組む国だけあります。

とはいえ、SSC ナポリでチャンピオンズリーグに出場できるチャンスがあるのなら、飛びつきそうな気がしますね。

 

コメント