マウリシオ・サッリのチェルシー監督就任が一気に加速か

BERGAMO, ITALY - JANUARY 21: SSC Napoli head coach Maurizio Sarri looks on during the serie A match between Atalanta BC and SSC Napoli at Stadio Atleti Azzurri d'Italia on January 21, 2018 in Bergamo, Italy. (Photo by Valerio Pennicino/Getty Images)

画像出典元 101greatgoals.com

SSC ナポリがマウリシオ・サッリの違約金の減額に同意したようです。サッリのチェルシー入りが実現するかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

・マウリシオ・サッリとチェルシー

先週末、Calciomercato に所属するイタリアのジャーナリスト、マッテオ・ペドロシ氏は、マウリシオ・サッリのチェルシーでの監督就任に近いと主張した。

ペドロシ氏は、元ナポリ監督のサッリが「数日以内に」チェルシーの新監督に任命される可能性があるとしている。

チェルシーはまだサッリが次の監督になることをまだ確認していないため、その要求はわずかに時期尚早であるように思われるが、木曜日には、まだ契約の交渉が続いているとの噂は依然として渦巻いている。

・ナポリはサッリの違約金を下げる

噂が真実ならば、アントニオ・コンテがまだチェルシーにいる唯一の理由は、ブルースが彼に違約金を払うのを渋っているからだ。

コンテは 2019年までチェルシーと契約しているため、チェルシーがコンテを解任すれば、彼は約800万ポンド(11.7億円)の違約金を手にすることになる。

チェルシーがコンテにその金額を支払うことからどのように抜け出せるのかは不透明だ。

しかし Times は、サッリの契約にかかるチェルシーの費用は、最初に考えていた金額よりはるかに少ない可能性があることを明らかにした。

 ナポリはチェルシーがサッリを任命するために、彼の違約金を 450万ポンド(6.6億円) に引き下げようとしている。

 サッリはナポリで 2年間の契約を結んでいたが、現在はカルロ・アンチェロッティに代わっている。

チェルシーは、コンテに支払ってサッリを「救う」ためにその浮いた資金を使うのだろうか?

・「今週末は決定的だ」

イタリアのコリエレ・デッロ・スポーツ(CdS) もサッリとチェルシーのアップデートを今日も行っている。

CdS は、今週末がサッリの監督就任に対するチェルシーの挑戦に重要だと主張する。

CdSはサリがプレミアリーグに向かう可能性が高いと考えている。

引用元 101greatgoals.com、和訳者 cheren

サッリの契約解除に伴う違約金交渉について、ついに SSC ナポリが違約金減額に同意するようです。これでサッリのチェルシー就任が一気に加速するものと思われます。

サッリの就任は、こちらの記事のとおりアブラモビッチオーナーの意思でもあるようですので、コンテの解任も近いと推測されます。

サッリが新監督になるのなら、彼を心から応援したいと思いますが、どうせ監督をすげ替えるのなら、どっしり腰を据えてサッリに長期間任せる度量をオーナーには見せていただきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)