リーガの DF との契約でユベントスと戦うチェルシー

画像出典元 A Stamford Bridge Too Far

チェルシーがアトレティコ・マドリードの DF との契約でユベントス FC と争うようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーはステファン・サヴィッチを標的にしているようだが、イタリアの報告によると、アトレティコ・マドリード DF との契約でユベントスと戦うことになる。

Sky Italia は次のように報告している。

元マンチェスター・シティのセンターバックに対し、来シーズンに先立ってこの 2つのクラブから欲されている。

モンテネグロ代表のスターは、最近 3シーズンはアトレティコ・マドリードの一員として、今度はヨーロッパリーグに参戦する。

27歳の彼は、シーズン前にチームに深みを与えたいと思っているクラブのためにラ・リーガからの移籍を熱望しているという。

サヴィッチはマンチェスター・シティーでの 1シーズン以来確かに良くなってきたが、彼が先発メンバーに名を連ねるか、あるいはガリー・ケーヒルとアントニオ・リュディガーのバックアップとして有名になるかは、見て興味深いだろう。

アトレティコから離れることを望むサヴィッチは、もっと多くのゲームで先発したいと考えているが、今シーズンはケーヒルとデイヴィッド・ルイスと苦しんできた私達にとって、27歳の選手は確実に勝てる先発でなければならない。

もちろん、27歳の選手はプレミアリーグの状況をよく知っているので、来シーズンにサインするとボーナスになるだろう。

チェルシーには、来シーズンにもっと試合に出るべきアンドレアス・クリステンセンが居る。そのため、多分サヴィッチとクリステンセンは、数年間有力な最終ラインのコンビとなるだろう。

うまくいけば、我々は CB のために度を超えた支払いをすることはなくなる。

引用元 A Stamford Bridge Too Far、和訳者 cheren

アトレティコ・マドリードの DF、ステファン・サヴィッチに対する補強の噂について触れた記事となります。同選手にはユヴェントスも同様にアプローチを掛けているようです。

サヴィッチは、2011-12 シーズンに 1年間マンチェスター・シティに所属した後、2012年から 2015年までの ACF フィオレンティーナを経て、2015年から 3年間アトレティコ・マドリードで DF としてプレーし、評価を上げてきています。

CB としては平均的な対人守備、フィジカルですがカバーリングに優れた安定性の高い選手として、アトレティコのシメオネ監督に重宝された選手とのことです。

今シーズン調子の悪かったケーヒルやダヴィド・ルイスの代わりの DF として、色々な選手が移籍候補として挙げられていますが、安定性の高いサヴィッチも候補として挙がったのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)