ユベントス DF ダニエレ・ルガーニの獲得をサッリがチェルシーに要望

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 EXPRESS

チェルシーの次期監督候補のマウリシオ・サッリがユベントス DF のダニエレ・ルガーニの獲得を強く要望しているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーがユベントスのエース・ダニエレ・ルガーニに熱心であると報じられており、マウリツィオ・サッリがアントニオ・コンテに代わって新監督となれば獲得を押し進めることができる。

チェルシーは FA カップ優勝で覆い隠すことに失敗した失望のシーズンをカバーするための夏の補強に備えている。

サッリは、SSC ナポリからの違約金の要求に拘束されているにもかかわらず、スタンフォード・ブリッジの監督としてコンテの代わりになる可能性が最も高い有力候補のままである。

サッリは、チェルシーでコンテから継承するチームの見直しとして、新たな選手補強を行う可能性が高い。

サッリが今年西ロンドンで監督に就任した場合、彼の以前の計画の一つをチェルシーで再結合させようとしているようだ。

Tutto Mercato Web によると、チェルシーはルガーニを獲得する準備が整っている。そして、エンポリ FC でセンターバックとしてプレーした彼はサッリによって移籍交渉が活発化するだろう。

サッリが見込むチェルシーの監督交代は、水曜日にAlessandro Pellegrini と Fali Ramadani によって取り組まれていた。

Pellegrini と Ramadani の会談はミラノで行われ、ルガーニに関する議論が木曜日に行われた。

Tutto Mercato Web は、ユベントスの Fabio Paratici チーフとルガーにのエージェント Davide Torchia がパラッツォ・パリギで会ったことを報じている。

そして彼らはルガーニの未来における「移籍か[契約]更新か」のカードについて議論した。

もしユベントスがルガーニの移籍を決めた場合、Paratici と Torchia の議論はチェルシーにとっては実を結ぶだろう。

以前のライバルのラツィオがルガーニと契約することは無いという事実のため、チェルシーはルガーニ獲りで明確な進展を見せるかもしれない。

チェルシーは、アーセナルが嗅ぎつける自分の守備陣の一人に別れを告げることができるかもしれない。

アーセナルは、今シーズンコンテの下で好意を失ったダヴィド・ルイスに 1750万ポンド(約25.7億円)のオファーを行ったと言われている。

引用元 EXPRESS、和訳者 cheren

 

サッリが仮にチェルシー監督に就任した場合、自身の教え子を含むセリエA プレーヤー数人を引き連れる可能性が報じられていますが、そのうちに一人としてユベントス CB のダニエレ・ルガーニが移籍してくるかもしれません。

ルガーニは 23歳の CB で、元々エンポリ FC のユース一筋の選手でしたがユース時代に 1年間ユベントスへレンタル移籍をしています。その際に成功を収め、ユベントスに加入しています。実際には、加入直後にエンポリへ 2年間レンタル移籍しており、実際にユベントスの正メンバーとして試合に出るのは 2015年が最初です。

また、彼は年代別のイタリア代表にも順当に招集されており、2016年からは A代表としても活躍しています。

ルガーニはとにかくクリーンな選手として知られており、2014-15 シーズンでは 1年間フル出場したにもかかわらず、カードの類を受けなかったことで知られています。また、ユベントス復帰後も最初にイエローカードが出されるまで、53試合を要したことで驚きをもって報じられています。

昨シーズン守備に不安定さが出たチェルシーですので、ルガーニがフィットすればチェルシーにとっては大変ありがたい選手になると思います。

 

コメント