チェルシーに大きな混乱をもたらすエデン・アザールの移籍

Chelsea
スポンサーリンク

画像転載元 Mirror

元チェルシーのグジョンセンが、アザールの離脱はチェルシーに大きな混乱をもたらすと警告しています。

 

引用記事の和訳

今夏、エデン・アザールが新たな挑戦を望む場合、チェルシーは完全な混乱に陥るだろう、とチェルシーのレジェンド、エイドゥル・グジョンセンがはっきりとした見解を述べている。

アントニオ・コンテの未来が疑う余地がなく、オーナーのロマン・アブラモビッチが新しいスタジアムの計画を棚上げし、新しい選手に不安を抱かせているが、これはチェルシーにとって心配な時だ。

しかし、ベルギーのスター、ハザード(チェルシーのチームの真のスーパースター)は、レアル・マドリードに喜んで彼にサインしてもらうために、自身のキャリアを次の段階に向かうべきだと決めたようだ。

それは、特に英国政府とビザ問題に関して取り組んでいるアブラモビッチを背景に、チェルシーのファンを震撼させるシナリオだ。

そして、スタンフォード・ブリッジで 6年間過ごし、2005年と 2006年にジョゼ・モウリーニョのもとで 2つのプレミアリーグタイトルを獲得した、元チェルシーのグジョンセンは、それは恐怖な見通しではないと述べる。

チェルシーでの 186試合で 54ゴールを決めたアイスランドのスターは、「エデンが留まることを願っている。

「彼を失うことはチームにとっては良いことではないだろうが、私はクラブのイベントが彼の心の中にあると確信している。

「彼らはリーグでの失望したシーズン後、FA カップで価値のある勝利を収めたので、夏の間に彼の心の近くにチェルシーが留まることを望んでいる。

「彼はまだチェルシーと契約を結んでおり、常にクラブのことをよく話している。彼は満足しているようですが、当然のことながら、どのクラブでもやっていける才能とクオリティーがある。

「ベルギー代表でのワールドカップに集中していると確信している。しかし、彼が「今夏に来る選手たちと何をしているのか」と思うのは当然のことだ。

「ワールドカップ終了後まで明確な見方はないと思う。私は彼がとどまることを望んでいる」

アントニオ・コンテのディフェンディングチャンピオンとしての陳腐な防衛と、クラブの移籍方針に対する絶え間なく続く攻撃の後でも、コンテに移籍のドアを早急には見せていない、とグジョンセンは語る。

チャンピオンのマンチェスター・シティに 30ポイントの勝点差をつけられて 5位でフィニッシュすることは、通常コンテの解任を意味するが、今のところアブラモビッチは引き金を引いていない。

グジョンセンは、アブラモビッチオーナーが引き金を引かないことを望んでいる。

「私はコンテに別のチャンスを与えるという意味で言ったわけではない」と、100年以上にわたる男性との仕事の経験と、スポーツでの豊かな遺産を持っているジレットの大使であるアイスランド人は言った。

引用元 Mirror、和訳者 cheren

 

記事の中では、アザールが既にレアル・マドリードへの移籍に傾いていること、ワールドカップ後にこの話が動くであろうことが記載されています。

ジレット大使のグジョンセンは、今夏の移籍市場でのアザールの移籍は望んでいないようです。

アザールが抜けてしまった場合に 10番のポジションを誰に担当してもらうべきなのか、チェルシーの新監督に最も近いサッリも困る状況でしょうね。

 

コメント