チェルシー監督、アントニオ・コンテの結末

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Daily Mail

チェルシー監督、アントニオ・コンテの運命は来週にも決定するようです。しかし、次期監督候補として有力なマウリシオ・サッリの契約交渉は、依然進行中です。

 

引用記事の和訳

アントニオ・コンテは来週、マウリツィオ・サッリのチェルシーの仕事によって、彼の運命を知るだろう。

サッリは SSC ナポリからの自身のリリースを交渉できると確信しており、ジャンフランコ・ゾラはスタンフォード・ブリッジで彼のスタッフに参加するように告げられている。

コンテは、5月19日に FA カップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドに勝って優勝して以来、来シーズンの監督になるかどうかを待っていた。

イタリア人は解雇されると900万ポンド(約13.2億円)の違約金を獲得する、コンテが一緒に連れてきたスタッフも退去するだろう。

SSC ナポリは既にカルロ・アンチェロッティを監督として任命しているが、サッリはまだ契約を締結していない。

イタリアの報道では、セリエA のクラブが元来 700万ポンド(約10.3億円)ではなく、約 350万ポンド(約5.2億円)の違約金で了承しようとしているという主張がある。

弁護士が大長編の物語の上で働いている間、サッリは自身のプレミアリーグ移籍を手助けする人としてゾラを指名した。

サッリの契約の問題について語ったナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、Corriere dello Sport に次のように語った。

「私は丁寧に座って、耳を傾け、反映してから、ナポリには最高の反応を出した。

「私は一つのことを明確にしたい – これは虐待されるべきクラブではない、これは過小評価されるクラブではない。私は議論するためにここにいるし、もし呼び出されれば、私は合理的であると既に言った。」

引用元 Daily Mail、和訳者 cheren

 

マウリシオ・サッリとチェルシーの契約動向はともかくとして、アントニオ・コンテが解任されるのはほぼ決定事項のようですね。

この辺り、チェルシーの見切りの速さというか、調子が落ちたらスパッと切る体制はオーナーの方針が色濃く出ているのでしょう。

ただ、この記事にもあるように、SSC ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス氏のコメントのニュアンスが若干違っているのは気になります。

先の記事では、「まだチェルシーの連絡は受けていないが、連絡を受けたらナポリとしてベストの対応をする」といった趣旨の内容でしたが、今回の記事では「チェルシーから既に連絡を受けており、ナポリとしてベストの対応を行った」と過去形で記載されています。

サッリの監督就任について、メディアでも様々な解釈があるということでしょうか。。。

それはそうと、この記事では、ジャンフランコ・ゾラが現チェルシーのユニフォームを着た姿の写真が使われていました。今の紺色ユニも似合いますね!でも、現役時代の薄いブルーや黄色いアウェーユニの方が、僕としては好みですかね。

 

コメント