チェルシーのエンゴロ・カンテがポール・ポグバの潜在能力を開放する

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

チェルシーのエンゴロ・カンテは、フランス代表チームメイトのポール・ポグバを活かせる選手と評判のようです。

 

引用記事の和訳

マンチェスター・ユナイテッドではポール・ポグバについて多くの非難があったが、チェルシーのエンゴロ・カンテは、2018年のワールドカップには欠かせない鍵となるかもしれない。

プレミアリーグでのポグバは、大きな可能性を完全には実現しているように感じない。彼の特徴や、彼の最高のポジションが何であるかについて本当に明らかにされていないと考える。

しかし、ロシアでのフランス代表にとっては、ポグバが本当に光り輝く機会があり、カンテの中盤の専門技術は、そうした事態を引き起こすかもしれない。

レ・ブルーは今日の午後、オーストラリアに 2-1 で辛勝したが、オーストラリア代表 DF、アジズ・ベヒッチを大きく引き離したのはポグバのシュートだった。それは本当に自分の目標として与えられたはずだ。ポグバは、アントワーヌ・グリーズマンのボールを蹴って勝ち越しゴールを決め、PK で彼のオープニングゴールを決めた。

それでは、カンテはどのようにしてポグバが試合でもっと彼の殻を破るのを助けたのだろうか?

試合で最初に見るのは、フランス人の試合の組み立て方だ。バイエルン・ミュンヘンの MF、コランタン・トリッソの後ろでプレーするカンテは、フランス代表監督ディディエ・デシャンにとって非常に印象深いプレーをした。

これによりポグバは、守備のことを心配する必要は無く、本当に攻撃に専念することができ、ポグバを MF と FW 3人の間でリンクする重要な役割を果たした。

しかし、前半の途中で彼らはペースを失い、3人の MF は試合に影響を与えることができなくなった。

ポグバは、フィールドの真ん中でファウルを与えたことで不満を抱いていたが、彼が本当に意気込んでいた試合でバランスを見つけることができなかった。

一方で、カンテはハーフラインを超えることはなく、前方の攻撃陣にに攻撃を任せると同時に、背後のディフェンス陣の保護に努めた。

後半に入っても、カンテはとても深い位置でプレーしており、試合に実際に影響を与えることができなかった。彼はしばしばチェルシーでも非常に多くのエネルギーを提供するので、少し無駄に思えた。

しかし、それはカンテの前にスペースを見つけたポグバがグリーズマンにすばらしいボールを送ったことを意味した。VAR は、最終的にフランスのストライカーが倒され PK を獲得したと判断した。

それから、ポグバは PK ネットに沈めて勝ち越し点を得た。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

個人的には、まだアジアの格下チーム相手に 1試合消化したのみで判断は早計だと思うのですが、この試合ではエンゴロ・カンテが引いた位置に布陣し、前目に空いスペースをポグバに活かさせるフォーメーションが、功を奏したようですね。

これが予選でのペルー戦、デンマーク戦でも効くようなら本物で、ひょっとしたらリーグでもポグバを活かすためのオプションとして、同じフォーメーションをマンチェスター・ユナイテッドが敷くようになるかもしれません。

ライバルが強化されるのは勘弁ですが、カンテの価値が更に上がるのは良いことだと思います。

 

コメント