最低 6000万ユーロ以上、イグアインに提示されたチェルシーのオファー

画像出典元 Sport Witness

チェルシーが提示したイグアインのオファー金額が 6000万ユーロ(約76億円)以上とのことで、契約締結が間近であると話題を呼んでいます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

「少なくとも 6000万ユーロ(約76億円)以上」 – チェルシーとの契約には大きなサインが入っていた。拒否する理由はなかった。

Tuttosport は、ゴンサロ・イグアインを狙うチェルシーの強襲について、2つのことに基づいて整列しようとしている。

アルゼンチンのストライカーは、最近、彼がプレミアリーグでのプレーに誘惑され、それが一連​​の噂を生み出したことを明らかにした。

それに加えて、スタンフォード・ブリッジで監督業務の引き継ぎが予想されるマウリツィオ・サッリは、SSC ナポリ時代のイグアインとうまくやっており、トリノの新聞には完璧にフィットしていた。

サッリはチェルシーとの交渉の場で、一連の要請をしている。 そのうちの 1人がイグアインであり、彼にとって前監督のサッリが舵取りをするのなら、このサッカー選手がブルースに「いいえ」と言う理由はないという。

これが起こった場合、「少なくとも 6000万ユーロの資金がユベントスの金庫に流れるだろう。」

これにより、SS ラティオのセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチへの追撃がより深刻になる可能性がある。

それから、ユーヴェは他の選手へのアプローチを作り、これはおそらくインテルのマウロ・イカルディに行くだろう。

ユヴェントスはこれらにすべて取り組んでいるようだ。

これとは別に、確かにロマン・アブラモビッチは 12月に 31歳になるストライカーに 6000万ユーロを費やすよう説得している。

引用元 Sport Witness、和訳者 cheren

元ナポリ時代にサッリの元でプレーしていた FW イグアインがチェルシーから 6000万ユーロ以上のオファーを受け、サインに近づいているようです。

チェルシーは伝統的に攻撃よりはディフェンスに重きを置いたスタイルの多かったチームという印象があり、順位の低迷したシーズンは大体攻撃陣のパフォーマンスが悪い傾向がありました。少し年齢が高めなのが気になりますが、イグアインがチェルシー攻撃陣に加われば、良い相乗効果が生まれるのではないかと思います。

ただ、オリヴィエ・ジルーやアルバロ・モラタ、ウィリアンといった既存のフォワード陣との優先度の付け方には、議論を呼ぶかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)