チェルシーのアザール、スペインで新たな冒険に向かうとき

画像出典元 THE SPORT REVIEW

元ベルギーの助監督フィタル・ボルケルマンス氏が、アザールについてチェルシーを離れてレアル・マドリードでの新たなシーズンを迎えるべきだと主張しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

元ベルギーのアシスタント・マネージャー、フィタル・ボルケルマンスは、エデン・アザールに今夏のチェルシー FC からの移籍を指示したようだ。

元ベルギーのフィタル・ボルケルマンス助監督は、エデン・アザールが今夏にチェルシー FC を離れて新たなチャレンジをするように求めた。

27歳の彼はヨーロッパのサッカー選手の有数の才能の持ち主として広く知られており、昨シーズンの FA カップではチェルシー FC の決勝ゴールを決めていた。

アザールは長い間、チェルシー FC からの離脱を意味する移籍と結びついており、レアル・マドリードは攻撃的 MF を獲得できるとして宣伝していた。

その憶測は、チェルシー FC がプレミアリーグで 5位で終わったことにより来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を失うことになったことに起因する。

今では、元ベルギーの助監督ボルケルマンスは、アザールがチェルシー FC を辞め、彼のキャリアの新しい章を開始するための正しい時だという彼の信念を強調している。

ボルケルマンスはブックメーカー bwin と話し、「今アザールは動かなければならない瞬間だと思う。それはおそらくスペインになるだろう。」と語った。

「彼はプレミアリーグで何年もプレーしてきたが、彼は進むべき時だと思う。」

アザールは、2012年夏にフランスのリールからチェルシー FC に移籍して以来、プレミアリーグのタイトルを2度獲得している。

ベルギーの司令塔は、西ロンドンクラブとの 5年間の契約期間中、チャンピオンズリーグから離れてトロフィーを獲得しました。

チェルシー FC は来シーズン、リーグでトップ4 に入ることを最低の目標に設定しようとしている。

引用元 THE SPORT REVIEW、和訳者 cheren

アザールのスペイン移籍については賛否両論がありますが、賛同側として元ベルギー代表助監督のフィタル・ボルケルマンス氏の意見が挙げられています。ただ、何故アザールがスペインに行くべきなのかについては、この記事では触れられていないようです。

プレミアリーグでの経験が長くなっていることと、彼のプレーの幅を広めるためにラグビーサッカーから離れてテクニカルサッカーに触れることを重要視したのでしょうか。

そもそもチェルシーが来シーズンのチャンピオンズリーグを逃さなければこのような意見は出ていないと思うので、つくづくリーグ 5位になってしまったことにより様々な影響を与えていることが伺えます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)