レンヌの U-17 若手 FW イジドールと MF ディオップがモナコへ移籍

画像出典元 francefootball

スタッド・レンヌの U-17 に出場した若手の FW イジドールと MF ディオップが AS モナコと契約したようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

数週間予想されていたように、若手ストライカーのウィルソン・イジドールとソフィアーノ・ディオップが AS モナコとサインした。

スタッド・レンヌは、契約終了時にフランスの 2大希望を失ってしまった。

ユベントス・トリノに非常に近い時間、ウィルソン・イシドール(18歳 8ヶ月)は先週、金曜日にモナコでのメディカルチェックを終え、3年契約(さらに 2年オプション)で契約にサインした。

同じように前日には、ソフィアーノ・ディオップ(6月9日から18歳)も締結していた。

どちらの選手もフランス Uー18 代表である。

最近の Matazo、Grandsir、Geubbels はすでに契約を終えており、AS モナコは市場で非常に活発な動きを見せている。

引用元 francefootball、和訳者 cheren

こちらの記事でも紹介した、フランスの U-17 トーナメントに優勝したメンバーの FW イジドールと MF ディオップが AS モナコへ移籍しています。

記事でも記載されているように、レンヌは 2人の貴重なホープのフランス人を失ってしまったことになります。

AS モナコは、2000年代後半に調子を崩し、リーグ2 に 2年間所属した歴史はありますが、大体はリーグ1 で常に優勝争いを繰り広げる有力チームです。特に、2010年代に入るとチャンピオンズリーグに毎年参戦する常連であり、所謂 EU 圏で見てもビッグクラブに位置するクラブチームです。

そのようなチームに請われて移籍する 2名の選手は、やはり有望な選手達なのでしょう。毎年中位力を発揮するスタッド・レンヌとしては、非常に痛い移籍となるでしょう。FW ワフビ・ハズリも移籍が濃厚の気配であり、来シーズン以降に向けたレンヌのオフェンス陣の整備が必要となっています。

来シーズンは 14年ぶりのヨーロッパリーグ参戦となりますので、レンヌ監督サブリ・ラムシをはじめとするレンヌ首脳陣の腕の見せ所となるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)