ポグバがカンテの無尽蔵のスタミナを称賛

Chelsea

画像出典元 Chelsea News

ロシア・ワールドカップのフランス代表として選出されているエンゴロ・カンテが、グループリーグでの 2試合で活躍しており、チームメイトのポール・ポグバも称賛しています。

 

引用記事の和訳

“He is everywhere…he has 15 lungs” – Paul Pogba can’t resist joining the N’Golo Kante praise
Chelsea midfielder N'Golo Kante is drawing praise from everywhere following his displays in recent years for the clubs he has played for, but now in Russia, int...

「彼はどこにでもいる…彼は 15 の肺を持っている」ポール・ポグバは、エンゴロ・カンテの賞賛に加わることに抵抗できない。

チェルシーの MF エンゴロ・カンテは、近年彼が所属したクラブでのプレーがあらゆるところから賞賛を集めているが、現在、ロシアでは代表チームの中盤でカンテの超絶なエネルギーが目覚ましい。

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、2018年のワールドカップで 2試合を終えたフランスの中盤で、カンテのエネルギーとインパクトに驚いている。

フランス代表は、これまでグループリーグで 2勝を達成した。彼はインターセプトに 4回成功し、4回のタックルと88%のパス精度を達成している。これらのどれもワールドカップ試合でのゲーム内の成績ではないが、カンテは黙って自分の仕事をしている。

27歳の MF は、ディディエ・デシャンと彼の中盤のパートナーであるポグバの最高の選手の1人となった。ポグバは 15個の肺を持つ男の賞賛に満ちている。

「エンゴロのような選手は試合展開を容易にする。 実際、彼はどこにでも居る。 時々、私はディフェンシブのために戻らない時があるが、それは彼はそこにいることを知っているからだ。 彼は 15 の肺を持っている、彼はチームをとても助けている。」

しかし、ワールドカップでこのようなパフォーマンスを見せた後でも、チェルシーはヨーロッパの大物からの入札で自らを支えなければならないだろう。 パリ・サンジェルマンはエンゴロ・カンテに興味を持っており、今夏に入札することができるという報告が既に挙がっている。

引用元 Chelsea News、和訳者 cheren

 

こちらの現地記事でも紹介されていましたが、フランス代表としてロシア・ワールドカップに出場しているエンゴロ・カンテが効果的に機能し、現在グループリーグで 2勝負け無しの首位となっています。

決して目立ちにくいポジションでありながら献身的にプレーしているカンテですが、高いパス成功率、高い走行距離をマークしており、フランス代表のピンチの芽を摘みまくっています。

フランスがノックアウトステージに進んだ後もその献身性を維持できるでしょうか。フランスの躍進の鍵を握る一人と言えるでしょう。

なお、本記事でもパリ・サンジェルマンからの興味を仄めかす記述がありますが、こちらの記事では ESPN FC のコメンテーターがコンテの売却に反対するコメントを出していました。

カンテの売却は反対意見が多いようですが、往年のクロード・マケレレのような中盤の底でチームを安定化してくれる選手になってくれると思うので、売却はしない方が良いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました