チェルシー FW モラタの移籍の憶測が活発化

画像出典元 Vital Chelsea

直近のシーズン後半にスタメンから遠ざかってしまったチェルシー FW モラタに移籍の可能性に関する憶測がでているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

スタンフォード・ブリッジでわずか 1シーズン後、アルバロ・モラタの今夏の移籍に関するメディアの憶測が増えている。

昨夏レアル・マドリードから 6000万ポンド(約87.5億円)で移籍したと言われるスペインのストライカーは、複雑なシーズンを過ごした。

彼の最初のプレミアリーグシーズンでは、31試合で 11ゴールを決めたが、その大半はシーズンの前半で決めたゴールだった。統計によると、実際にはモラタはボクシングデーの後に 1ゴールを決めたが、スタンフォードブリッジでトッテナム・ホットスパーに負けてしまった。

しかし、ニュースソースの Talksport は、出発の可能性をテーマとして、いくつかのニュースをピックアップしている。ボルシア・ドルトムントが 25歳のブンデスリーガを連れて行こうとしていると推測している。

しかし、ドイツのクラブとの直接契約があるようには見えないが、ドルトムントは昨シーズンの後半にミシー・バチュアイをレンタルしていたが、チェルシーがスペインのストライカーに付けた 4500万ポンド(約65.6億円)の価格を支払うことには消極的だ。

モラタがチェルシーに到着したとき、巨大なことを期待されていた。それは、彼はシーズンをうまくスタートし、モラタが得点するためにいくつかの完璧なクロスを生み出す DF セサル・アスピリクエタとの関係を確立することだった。

しかし、シーズンの後半に怪我に悩まされたモラタは同じ選手に見えなかった。スペイン人は彼が青いシャツのために必死になっているという印象を与えなかったし、シーズンが終わりになると、オリヴィエ・ジルーによってスターティングイレブンから追いやられてしまった。

モラタは別のチームへ移籍してしまうのだろうか。

引用元 Vital Chelsea、和訳者 cheren

チェルシー FW モラタは、昨シーズン前半は調子が良くコンスタントに得点を重ねていましたが、シーズン後半は怪我の影響もあり、調子を落としてしまいました。

結果として、チェルシーでのスタメンもジルーに奪われてしまった他、スペイン代表からも選出漏れしてしまう等、モラタにとってシーズンの前半と後半で全く状況になっています。

監督が代わることにより、チェルシー内の FW の序列も大幅に代わる可能性が考えられますので、モラタが今夏かあるいは次の冬に移籍することも大いに有り得そうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)