マティッチの移籍がチェルシーの中盤に残した巨大な穴

画像出典元 football.london

2017年までチェルシーの中盤でプレーしていたマティッチが昨シーズンマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したことについて、チェルシーファンやメディアは空いた中盤の穴をカバーできていないと考えているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

近年、より疑わしい事業の一つとして落ちてしまったが、
ネマニャ・マティッチはチェルシーのファンに、彼らにかけていることを確かに示している。

日曜日にセルビアがコスタリカに 1-0 で勝利した時、彼の国を勝利に導く気品と落ち着きを見せたマティッチはピッチで最高の選手だった。

セルビアの対戦相手は最強ではなかったかもしれないが、彼の能力は確かにスタンフォード・ブリッジでの必要条件に余りあるかどうかの議論をもたらす。

当時のチェルシーへのマティッチの加入は、彼のキャリアの早い段階において選手層の厚いチェルシーでは戦力的に余剰であるとみなされたため、わずかな驚きで満たされた。

重要な違いは、以前は MF がもっと攻撃的な選択肢として使われていたことだった。

ベンフィカ時代に彼が現在プレーしている中盤の選手に転身したとき、彼はここを自分の場所だと気づいた。

マティッチは、2016/17 シーズンでアントニオ・コンテのタイトル獲得にとって重要な役割を果たし、チェルシーでのバランスのとれたチームに必要な基盤を提供した。

彼は決して完璧な記録は無く、多くのファンがクラブでの彼のミスマッチを批判していたが、その年のチームの成功に彼が重要だったことは間違いない。

セルビア人は確かに批評されていたが、誰も彼がプレミアリーグのタイトルを獲得した後、夏に売却されるとは思っていなかった。

サッカーは絶えず動いている風景であり、マティッチがオールド・トラッフォードへの 4,000万ポンド(約58.4億円)での移籍に合意したとき、多くの人が適切な代替要員を予測していた。

ティエムエ・バカヨコはマティッチの理想的な置き換えとなったが、チェルシーの夢を持つクラブでプレーできるかどうかについては、スタンフォード・ブリッジの最初のシーズンでは苦しかった。

多くのプレイヤーは英語のゲームに慣れるのに時間がかかりのため、西ロンドン市民は確かに将来を見据えて将来のスターとなることを期待している。

ナサニエル・チャロバーは中盤の役割を長期的に解決しただろうが、プレミアリーグのワトフォード FC に売却されしまった。その後、クラブはバカヨコのバスケットにすべての卵を入れていたようだった。

マティッチに関して、彼のマンチェスター・ユナイテッドでのキャリアはあまり滑らかではない。

彼はジョゼ・モウリーニョ監督のファーストチョイスであったが、オールド・トラッフォードの多くのファンは、チェルシーのファンからミスマッチを懸念されていた 29歳にがっかりさせられた。

マティッチは、11月のチェルシーでの彼のパフォーマンスに対する批判について、イブニング・スタンダードに語った。
「私がそこでプレーしたとき、私は自分のクオリティを示した。我々はタイトルを 2度獲得した、我々はまたカップも獲得した。

「私は何かを証明するのは彼らにではなく、新クラブに対して証明する必要がある。」

彼は確かに証明が必要だが、セルビア人が与える影響をオールド・トラッフォードで再現することができれば、チェルシーのファンは見ているのかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

現在マンチェスター・ユナイテッドのアンカーポジションでプレーしているセルビア代表のネマニャ・マティッチですが、チェルシーには 2009年から11年、2014年から 2017年の 2回所属しています。ただ、2010年のシーズンはオランダのフィテッセへレンタルに出されていますので、チェルシーで活躍した時期は 2014年以降といえるでしょう。

記事では、マティッチが抜けたポジションをバカヨコが埋める想定でいたものの、バカヨコも上手くフィットできず、結果として中盤の底に大穴が空いたままであることが記載されています。

OB ランパードや他の著名人もバカヨコがフィットしていなかったことに言及しており、来シーズン中盤の底としてどのようなテコ入れを施すのか、(新)監督の手腕が問われることになります。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)