ドルトムント、バチュアイの完全移籍を諦めモラタに照準を移す

画像出典元 football.london

ドルトムントは現在レンタル移籍中のチェルシー FW ミシー・バチュアイの完全移籍を諦め、代わりにアルバロ・モラタの移籍を狙っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

ボルシア・ドルトムントは、ミシー・バチュアイへの関心を捨てようとしているかもしれないが、代わりに今夏で のアルバロ・モラタの衝撃的な移籍をターゲットにしている、との報告がある。

ベルギー代表は今年 1月にブンデスリーガチームにレンタルで移籍し、ケルン戦でのデビューで2試合を含めて9ゴールを決めたことにより、ジグナル・イドゥナ・パルクで大人気となった。

彼のドルトムントでの記録は印象的だったが、4月にシャルケ戦で負った深刻な足首の怪我が無ければ、より多くの目標を達成できた可能性が高い。

彼はドイツでのプレーで絶賛を与えられたことにより、ドルトムントが夏に恒久的な契約で彼に署名を試みることを示唆する報道も現れた。

しかし彼はスタンフォード・ブリッジで将来有望な選手として見られており、チェルシーとの契約には問題を抱えていただろうと思われる。

ベルギーの出版物 HLN によると、ストライカーはドルトムントの最初の選択肢ではなく、新しいマネージャーのリュシアン・ファーヴルがピエール=エメリク・オーバメヤンが残した穴を埋めるための様々な選択肢を探していると考えられている。

スイス人監督は別のタイプのストライカーをチームに持ち込むことを望んでおり、モラタはドルトムントの選択肢の 1つであると信じられている。

レアル・マドリードからクラブ史上最高額の移籍金で獲得した昨年の夏、このような有望なスタートを切ったにもかかわらず、スペイン人はスタンフォード・ブリッジで苦労した。

シーズン後半で 3ゴールを奪ったモラタは、オリヴィエ・ジルーの背後にある FW の序列を崩した。これにより、ブルーズがトップ4 に復帰するためのチームを作る見通しとして、うまく売れるだろう。

また、ドルトムントからの関心だけでなく、元クラブのユベントスはモラタの夏の移籍に関連しているという噂もある。

引用元 football.london 和訳者 cheren

現在、ドルトムントはオーバメヤンの抜けたポジションをレンタル移籍で獲得したチェルシー FW バチュアイで穴埋めし、これが上手く機能していたためドルトムントが完全移籍を検討していたのですが、彼の完全移籍はチェルシーが認めなかったようです。

そのため、こちらの記事でもありますが、バチュアイの代わりにチェルシーで微妙な立場に置かれてしまった FW モラタを充てる方針に切り替えたようです。

ただ、モラタはチェルシーが大金を投じて獲得した虎の子であり、ユベントスも獲得を狙っているそうなので、移籍についてはマネーレースとなるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)