チェルシー、アザールの代わりとなるミドルズブラの MF に興味

画像出典元 EXPRESS

チェルシーは、今夏に移籍が濃厚な MF エデン・アザールの代わりに、ミドルズブラ MF のアダマ・トラオレに興味を持っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

Duncan Castles 氏によると、チェルシーはミドルスブラのエースを電撃的に狙っているようだ。

チェルシーの移籍戦略は、アントニオ・コンテに何をするのかまだ検討中の状態であるが、コンテへの違約金支払いが合意されると、マウリツィオ・サッリを 2年契約で任命する予定だ。

しかし、アザールがレアル・マドリードからの関心を集めているように、多くのスター選手が市場に出る可能性がある。

そして、チェルシーはアザールをより安価なオプションに置き換えることになるかもしれない。

ジャーナリストの Duncan Castles 氏は、移籍ウィンドウのポッドキャストの最新エピソードを紹介しました。

「チェルシーは、パリ・サンジェルマンも目を向けているアダマ・トラオレに興味を持っている。

「それはチェルシーがどこにいるかを教えてくれる。

「ウィリアンやエデン・アザールの売却が必要な場合、アダマ・トラオレは潜在的なオプションと見なされている。

「ただ、彼はたくさんの開発が必要だろう」

「トラオレは、ミドルスブラが来シーズンの昇格を果たせなかった場合に 1800万ポンド(約26.3億円)で移籍できるリリース条項により、プレミアリーグのクラブからの注目を集めている存在である。

アザールは、今夏に彼にサインしたいと思ったらレアル・マドリードが「何をすべきか分かっている」と認めている。

「今は移籍については話したくない。私はそれについて何度も聞かれているが、今の私はワールドカップに集中している。」とアザールは L’Equipe に語っている。

「しかし、私が前に言ったように、私はチャンピオンズリーグを除いてロンドンのすべてを獲得した。 今の私のキャリアを構成できているのは、チェルシーのおかげだ。

「私はすべてをやったので去りたい、と言うのは容易すぎる。

「来年、クラブで何が起こるか、本当に知りたいことはすべての前にある。 私は監督が残留するのか解任するのかを待っている。

「もし私が残留するとすれば、それは私達のチームが今まで経験したシーズンよりも、優れた展望が持てるからだ。

「私達があまり良くならないのなら、私は残りたくはない。 レアル・マドリードは私に興味があり、誰もがそれを知っている。

「しかし、もし明日このクラブが私を望んでいないとなれば、私達はもう話すことはない。

「レアル・マドリードが私を購入したいのであれば、彼らは何をすべきかを知っているのだから。

「それのためにレアル・マドリードへ行く…いや、それにはプロジェクトが必要だ。私はまだチェルシーにプロジェクトを持っている。 私がワールドカップで良い結果を持って帰れば、物事はより簡単になるだろう」

引用元 EXPRESS、和訳者 cheren

直近のシーズンで英 2部相当のチャンピオンシップからの昇格に失敗したミドルズブラから、MF アダマ・トラオレの獲得に興味を持ったチェルシーの記事でした。

一流となったアザールと比べれば、まだまだ成長が必要なトラオレですが、元々はバルセロナ FC の下部組織出身で、プレー機会を求めてアストン・ヴィラ FC へ移籍し、2部の降格するヴィラの代わりに 1部昇格となったミドルズブラ FC へ移籍、と所属クラブが変わっています。

トラオレは高速ドリブルを活かしたサイドアタックが得意なドリブラーで、右サイドを主戦場とするサイドハーフとしてヴィラやボロで使われていたようですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)