チェルシー、プレシーズンでの準備期間が足りないかも

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

英メディアは、チェルシーが未だに来シーズンの準備が遅々として進んでいないことに懸念を感じているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーがプレシーズンに近づいている状況を整理するための時間はあまり残されていない。それは実際にあなたが考えるよりも早く来ているのだ。

ブルーズは 7月23日に初めてのフレンドリーゲームでオーストラリアのパース・グローリー FC と対戦するが、football.londonは 7月2日の月曜日に幾人かの選手がトレーニングに戻ってくることを理解している。

チェルシーは現在、ロシアのワールドカップで14人の選手を輩出している。彼らは明らかにそのセッションには参加することができず、残りのチームと合流する前に休息の時間が与えられる。

アントニオ・コンテはまだクラブで監督のポジションであり¥、現状では次のシーズンでの監督となることを意味していますが、マウリツィオ・サッリはまだコンテの代わりになることと結びついています。

チェルシーのプレシーズンの試合は順調に迫っており、フランスのニースでインテルミラノ、ダブリンでアーセナル、スタンフォードブリッジでリヨンと歴戦し、またマンチェスター・シティとコミュニティシールドを争う予定である。

しかし、チェルシーのファンは、7月と 8月の試合で誰が試合に出て誰が出ないのかについてはっきりとした考え方を持っていない。

「ええ、是非知りたい。ただ、私は知りたいのだが、現在はワールドカップに集中している」とエデン・アザールは、ワールドカップが始まる前に述べている。

「私は来シーズンのチェルシーに成功するための選手が欲しいから、新しい監督や選手が居れば、それを知ることは常に良いことだ。

セスク・ファブレガス、ダヴィド・ルイス、エメルソン・パルミエリのような選手は、毎週月曜日にトレーニングのためにコブハム練習場に戻ってくると予想されている。しかし、ここに来る選手は新しい顔かもしれない。

ルイスは、2月以来彼のプレーを妨げていた負傷から回復しており、ここ数週間、すでにトレーニング場に戻っている。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

チェルシーは監督人事を含めて来シーズンの布陣が未だ確定していない状況であり、英メディアも心配する記事がポツポツと掲載されてきていますね。

監督人事一つ取っても、先週末には確定するであろうサッリの就任是非が未だ確定情報として挙がらず、これにより監督が要求する獲得選手が決まらない状況で、チェルシーは未だ新加入選手や退団選手も大々的に発表できていません。

ワールドカップが終わったら、流石に一気に状況が進むとは思いますが、本来なら巻き返しを図らなければいけないシーズンの準備にこれだけ時間を要している現状に、チェルシーファンもやきもきして見ているようです。

 

コメント