ランパードが思う 2014年のデ・ブライネ放出の理由

画像出典元 THE SPORT REVIEW

現在マンチェスター・シティ FC で欠かせない存在となっている 2014年にチェルシー FC から VfL ヴォルフスブルクへ移籍したケヴィン・デ・ブライネの放出について、当時からチェルシーに在籍していたランパードがコメントしています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

フランク・ランパードは、ケヴィン・デ・ブライネを 2014年に放出するというチェルシー FC の決定について話し合っている。

フランク・ランパードは、チェルシー FCがケヴィン・デ・ブライネをクラブから離れることを決定したのは、当時のスタンフォード・ブリッジで活躍していたタレント揃いの選手達の才能が原因だと主張した。

ベルギーのプレーメーカーは、チェルシーにクラブとして余剰戦力と見なされ、最終的に 2014年の冬にドイツのヴォルフスブルクに売却された。

デ・ブライネはその後マンチェスターシティへ移籍し、ヨーロッパで最も優れた攻撃選手の一人として自身を確立した。彼はグラウディオラ監督の昨シーズンプレミアリーグ優勝を手助けした。

4年前までに才能を開発されてきた選手であるデ・ブライネをリリースする決定について、チェルシーは多くのことを行ってきた。

しかし、チェルシー FC のレジェンド、ランパードは、ベルギーのアタッカーが 4年前に何故西ロンドンのクラブを離れることでブルーズでの期間に終わりを迎えたのか彼が思う理由を説明した。

ランパードは BBC Sport で、「彼らがデ・ブライネの才能を逃したとは思わない」と語った。

「才能はそこにあった。 私たちは当時そこにいて、技術的に彼が持っていたもののすべてを見ることができた。

「彼が持っていた問題は、チェルシーの富が恥ずかしかったことだった。 彼らはアザール、オスカー、マタ、シュールレを抱えていた…。」

一方、チェルシー FC は、次のシーズンに先立ってチームの改革を目指して、夏季移籍期間の最初の契約を待っている。

彼らは次のシーズンのチャンピオンズリーグで欠場したように、西ロンドンはプレミアリーグで 5位に終わった。

引用元 THE SPORT REVIEW、和訳者 cheren

2014年までチェルシーに所属したレジェンド、ランパードが、現在マンチェスター・シティやベルギー代表で活躍している MF デ・ブライネについて、チェルシーが放出した理由を彼なりの視点でコメントしています。

当時のチェルシーの MF はタレントが揃っていて若手のデ・ブライネが割って入る隙が無く、彼自身もドイツのヴェルダー・ブレーメンへ 1年間レンタルで移籍したりもしています。

ランパードは、当時の彼を荒削りながら才能を持っていたと感じていたようですが、クラブの決断としては、売却のメリットと自前で抱えるリスクを判断して、彼をリリースする決断に至ったのでしょう。当時の判断として流石にこれは仕方ないだろう、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)