ユベントスはルガーニをチェルシーに売却してはいけない

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Football ITALIA

ユベントス DF のダニエレ・ルガーニは今夏の移籍市場を賑わせていますが、イタリアメディアは彼をチェルシーに売却するべきではないと警告しています。

 

引用記事の和訳

ユベントスにおけるルガーニの重要性

チェルシーはダニエレ・ルガーニと契約しており、ユベントスは、23歳の守護のために力を入れなければならない、とVilizar Yakimov 氏は主張する。

マウリツィオ・サッリは、元エンポリ CB のダニエレ・ルガーニとの3年ぶりの再会を目指しており、最終的にはチェルシーへの希望を得ることとなった。

最初のレオナルド・ボヌッチ、今はジャンルイジ・ブッフォンとステファン・リヒトシュタイナーの移籍に際し、過去数シーズン、ユベントスは防衛で大きな損失を被った。

幸運なことにビアンコネッリのチームの奥行き、マッシミリアーノ・アッレグリの戦術的な柔軟性は、これまでのところトリノの巨人のバックラインが依然として最大の強みの一つであることを意味する。

ディフェンスはいつもチームのバックボーンであるため、これはどんな面でも重要なのだが、ユベントスにとっては殊更に重要である。

アレグリの戦術的な輝きはさておき、ユベントスがバウンドを繰り返しながら、毎週毎週試合を行う能力は主に経験豊富なチームメンバーの存在によるものだった。

ブッフォン、ジョルジョ・キエッリーニ、アンドレア・バルツァッリはそれをすべて見て、最も重要な時に行動する方法を知っているが、メディ・ベナティアとルガーニの存在もまた重要だ。

ベナティアは、ユベントスのディフェンスラインの中心で去年最も優れたディフェンダーだったボヌッチを置き換えるという厳しい任務をうまくこなしている。

しかし、重要なゲームで時折間違いを犯すというモロッコ人の悪い習慣はコストがかかり、レアル・マドリードのルーカス・バスケスへの不器用なタックルによって、ユベントスはチャンピオンズリーグの期待を破ってペナルティを受けた。

また、SSC ナポリのカリドゥ・クリバリへのペナルティエリア内でのファールにより PK を献上してしまったこともあり、スクデッド獲得の負担となってしまった。

そして、ベナティアの維持、あるいは売却にユベントスが躊躇している間に、チェルシーがルガーニの契約を完了することを示唆する報告書は、ファンをもっと心配するべきだということを示唆している。

引用元 Football ITALIA、和訳者 cheren

ルガーニの今シーズン成績

過去 3シーズンでそれぞれ 30試合未満の出場回数しか得られなかった 23歳は、限られた出場時間しか見せていない。

しかし、元エンポリの男は、彼がフィールドに足を踏み入れる度に非常に落ち着いた能力を見せてくれた。彼の年齢を考えれば、ルガーニはもっと良くなることができる。

今シーズンのルガーニは平均 90.9%のパス成功率を記録した。チームの守備陣の中では2番目に優れていたが、バルツァッリだけが 93%だった。

しかし、バルツァッリは既に 37歳であり、残念なことに DF のレベル層がついに彼に追いついたことを考えれば、彼のプレー時間は次第に限られるだろう。

これは、ルガーニが残留している場合、彼はボールを後ろから前に出すためにユベントスの最も信頼できる DF になることを意味します。

引用元 Football ITALIA、和訳者 cheren

ルガーニとディフェンスラインが見せる未来

アタランタからのマッティア・カルダラの到着は、DF 陣の競争を加速させるが、ユーヴェのバックラインの中心に長期的なパートナーシップを形成するカルダラとルガーニの共演は涎垂ものである。

カルダラの強靭さ、大地の優位性、そして純粋な身体的な能力は、ルガーニの平静さ、知性、およびボールコントロールの能力によって完全に補完される。

カルダラ-ルガーニのコンビネーションは長期的な将来の見通しのように見えますが、ルガーニと連携しているジョルジョ・キエッリーニというアイデアは、来るべきシーズン開幕に際して理にかなっている。

キングコングはおそらく、ルガーニの試合でのいくつかの欠点 – 彼の身体性を修正するための完璧な教師となる。

ベテランの同僚と一緒にもっと頻繁にプレイすると、ルガーニはこの厄介さを学ぶ絶好の機会になる。

ルガーニがイエローカードを受けずにエンポリでフルシーズンを過ごしたことは有名だが、それは彼が動きを予期していたか、あるいは時に必要なタイミングで挑戦しなかったためではなかっただろうか。

引用元 Football ITALIA、和訳者 cheren

結論:ルガーニは移籍させるべきではない

ルガーニの才能、現在の能力、将来性を考慮すると、チェルシーが彼のサービスのために支払うことができる報酬 3500万ユーロ(約44.6億円)は、ユベントスとイタリアのサッカーの将来にとって市場価値との乖離がありすぎる。

この時点でプレミアリーグに移籍することは、彼の能力にもかかわらずスタート時に苦労し、ある時点でベンチ要員となる可能性が非常に高いため、ルガーニにとって大きなリスクになるだろう。

このレポートによると、ユベントスはディエゴ・ゴディンの入札を準備中とのことだ。アトレティコ・マドリードのベテランは間違いなく世界で最も優れたディフェンダーの一人だが、彼は 32歳である。

ゴディンに必要となる移籍金と賃金を考えれば、そのような動きは、その時代のプレーヤーにとっては信じられないほど高価になり、ユーヴェの将来の計画には大きな後退となるだろう。

ベナティアが残っているかどうかはまだ分かっていないが、高価な外国人選手のために余りにも多くのイタリアの才能が国外に評価され、犠牲にされている。まさにルガーニを今夏の最優先事項の一つにしなければならない。

したがって、ユベントスはルガーニをその物語の中に入れてはならない。 彼はユベントスで丁度良いのだ。

引用元 Football ITALIA、和訳者 cheren

 

イタリアメディアはユベントス DF ルガーニの放出には大反対のようです。ルガーニの代替要員として、アトレティコ・マドリードのディエゴ・ゴディンを検討しているようですが、ルガーニの将来性を考慮すると悪手にしかならないと強い言葉で否定しています。

逆に、そんな選手がチェルシーに来てくれたら、チェルシー DF 陣の強化につながるのですが、ただでさえ有望なユース上がりの若手を放出しまくっているなかで、ルガーニも使わずじまいにならないかは大きな懸念事項であるように感じます。

 

コメント