マウリツィオ・サッリがチェルシーにサインをしたら極端な手段をとるらしい

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 GIVEMESPORT

マウリツィオ・サッリのチェルシー監督就任が近づいていますが、正式に監督就任となった後、極端な手段を取るらしいです。

 

引用記事の和訳

チェルシーの経営状況はまだ公式には区分されていない。

アントニオ・コンテの日々は今や数えるばかりとなり、新しいイタリア人が 2018/19 シーズンのスタートを担うのは大きな驚きだ。

コンテの後継者として宣伝されている名前は、同国人のマウリツィオ・サッリ一人だけだ。

彼は SSC ナポリで自分自身の名声を築いた。彼のエキサイティングなスタイルのサッカーは、ディエゴ・マラドーナ時代以後でナポリ人に初めてのセリエA タイトルを獲得した。

選手のベストを引き出すことができるワーカホリックであるサッリは、チェルシーのタイトル挑戦をもう一度やっていくには最も相応しい男かもしれない。

そして彼は、西ロンドンへの到着時にかなり極端な手段を取る準備ができていることが分かる。

英メディア Daily Mail で報告されているように、サッリは実際にコブハムのトレーニング場に住んでクラブでの時間を始める。

そこから彼は自分のイメージでチームを再編し始め、次の24時間以内に 2年契約で最終的にサインする予定とのことだ。

私たちはそんなコミットメントを聞いたことが無い。報告書によると、実際には敷地内に家があるので、サッリは少なくとも彼のオフィスで寝ることはないだろう。

クラブのファンがどんな監督になるのだろうと思っていたら、これは本当に彼の完全な描写である。

チェルシーはサッリが移籍市場にできるだけ早く関わってくれることを熱望しており、ブルーズはこれまでどんな選手の売買を行っていない。

彼らは、既にユベントスのダニエレ・ルガーニ、ナポリのドリース・メルテンス、インテル・ミラノのマティアス・ベシーノといったセリエA の選手たちと深く関わっている。

ロベルト・レヴァンドフスキに対する 1億ポンド(約145億円)の大規模な契約についても話が出ていたが、クラブはワールドカップ終了後にそれを過ごすことには気をつけているかもしれない。

彼の最大の課題は、エデン・アザールをレアル・マドリードから遠ざけることなのだ。

引用元 GIVEMESPORT、和訳者 cheren

 

チェルシー新監督としての時間が迫っているマウリツィオ・サッリは、既にチェルシー練習場のコブハムに住むことが報道されています。暫くは練習場内の施設で寝泊まりして、来シーズンに向けた編成を急ぐということでしょうか。

記事にも記載されていますが、チェルシーは未だ選手の契約が完了していないため、来シーズンのためにも早急な対応が求められます。

ワールドカップが終了するまでには、出場を逃したイタリアやオランダに絡んだ何らかの大きな発表があるかもしれませんね。

 

コメント