ティボー・クルトワ、ワールドカップでイングランド戦に賭ける誇りを語る

画像出典元 Sky Sports

ベルギー代表 GK クルトワや MF アザールは、次のグループリーグ最終戦で対戦するイングランドに対しライバル心を剥き出しにしているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

「失意のまま 7月にイングランドに戻りたくない」

GK ティボー・クルトワは、ベルギーが木曜日に控えたイングランドとの試合でチェルシーのチームメイトと対戦する準備をしていると自負している。

両者は、グループG の最終戦で首位通過を争うが、ベルギー代表監督ロベルト・マルティネスは既にベルギーのラインナップに「大きな変化」をもたらすと明言している。

ベルギーの首位通過でのフィニッシュが引き分けでは難しくなる可能性が高いという事実は多くのものがある。しかし、クルトワにとって、プレミアリーグのチームメイトと対戦する見込みは、試合にスパイスが追加されたことを意味している。

「2位通過かあるいは 1位通過でグループリーグを終えても、それはさほど重要ではないと思うが、勝ちたいかといえば勝ち続けるのが最善だ。そして私には誇りがある。私は 7月に落ち込んだ気持ちでイングランドに帰りたいとは思わない。

“それは私の威信に関わる。なぜなら、イングランド人には私たちが知っている人が沢山居て、私達も沢山のイングランド人に知られているからだ。」

エデン・アザールはチェルシーのチームメイトと以下で合意した。

「我々はグループで勝利者になりたい。自分自身のためだけでなく、ノックアウトステージでの次の対戦相手に声明を出すために – 『我々はベルギー人であり、我々はイングランドを倒したグループの首位通過国だ』。」

アザールは、勝利したチュニジア戦でふくらはぎを負傷しており、次の試合を休憩できる選手の一人だ。ゴールデンブーツのレースでハリー・ケインと競っているロメル・ルカクも、かかとを負傷した恐れがある。

ベルギーのトップ・スコアラーが次の試合を欠場する場合、チェルシーのストライカー、ミシー・バチュアイがこのラインをリードする可能性が高い。

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

ベルギーもイングランドも既にグループリーグ勝ち抜けを果たしていますが、最終戦で首位通過を賭けて金曜日の AM 3:00 に激突します。

イングランド側のコメントは見つけられませんでしたが、ノックアウトステージでの対戦国の影響もあり、どちらも首位通過したいのは同じでしょう。

とはいえ、ノックアウトステージの対戦国となるグループ H は日本を含めた 3カ国の大混戦で、どの国が勝ち上がるかすらもわからない予断を許さない状況です。日本代表がノックアウトステージに進出できた場合、どちらかのチームと対戦することが確定しています。

2002年の日韓共催ワールドカップでは、グループリーグでベルギーと対戦して 2-2 で引き分けていますが、その頃とは当然選手も一新されて戦力も段違いに上がっていますので、個人的にはイングランドの方が与しやすい気がしています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)