チェルシーDF、ダヴィド・ルイスとガリー・ケーヒルにとってのダニエレ・ルガーニの入札の意味

画像出典元 football.london

チェルシーが行ったユベントス DF ダニエレ・ルガーニの入札は、ダヴィド・ルイスとガリー・ケーヒルの両選手にとってどのような意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

23歳のダニエレ・ルガーニは、スタンフォード・ブリッジへの移籍に関連している。

チェルシーが今夏に追加したいポジションはいくつかあるが、多くの人にとって CB は第1位の優先事項ではないかもしれない。

しかし、ブルーズは、ダニエレ・ルガーニをユベントスから移籍市場の最初の署名にして、ブルーズがこの DF との契約に 3500万ポンド(約50.8億円)を賭けることに近づいているようだ。

昨シーズン、セリエA で22試合に出場し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが SSC ナポリに辛勝してスクデッドを獲得した。ルガーニもチームに動員してシーズンで重要な役割を果たした。

ブルーズへの移籍の大きな理由の 1つは、ルガーニがイタリアのエンポリでマウリツィオ・サッリの元でプレーしたことである。サッリはチェルシーの現監督アントニオ・コンテに代わって今夏に新監督として就任する予定の人物である。

しかし若い選手にとって、チェルシーのベテランの CB は何を意味するのか? ルガーニは来シーズンにファーストチームのスタメンで戦うレンタル帰りの選手なのだろうか?

ダヴィド・ルイスの場合、これは選手のための放出と考えることができる。彼はナポリから報告された獲得リストとリンクしている。

31歳の彼は、2度チェルシーに所属しているが、共に優秀な奉仕をしている。しかし、昨シーズンのコンテの元ではほとんど出場機会が与えられず、現在の契約もわずか1 年間しか残っていない。

ガリー・ケイヒルの場合、彼はまた 1年間の契約を残しており、昨シーズンにはクラブキャプテンに指名されたにも関わらず、戻って来る別の CB は彼のポジションを脅かすだろうと推測される。

一方、クル・ズマは、ストーク・シティ FC でのレンタル移籍の後、チェルシーへ戻ってきた。
アントニオ・リュディガーとアンドレアス・クリステンセンは、どちらもプレミアリーグで優れたパフォーマンスを発揮できることを証明している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ダヴィド・ルイス、ガリー・ケーヒルの両 DF は、来シーズンのチェルシーでのスタメンが難しいと予想されています。

そのかわりに、複数名の有望なチェルシー育成上がりの若手 DF が来シーズンに加入することが内定しており、彼らとの競争が激化する見込みのようです。

そのため、英メディアは彼らの出場機会を求めるための移籍を肯定しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)