マウリツィオ・サッリの就任前にチェルシーがサインを進める9人の選手達

画像出典元 Chelsea Daft

マウリツィオ・サッリの監督就任が近づいているなかで、彼の就任が発表される前にチェルシーが契約を進めていると報道された 9人の選手達の情報がまとめられています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

サッリとコンテの契約の状況

さまざまな報告によると、マウリツィオ・サッリは今夏、チェルシーのチームに完全な改革を与えるために、9人の選手達に注目している。彼はまだチェルシーで担当していないのに!

報告書を信じるなら、チェルシーはサッリの契約を解除するために、チェルシーがナポリと約400万ポンド(約5.8億円)の違約金を合意したと報じられている。

ナポリは時間を無駄にしていて、既にサッリの代わりに彼の「交換」としてカルロ・アンチェロッティを任命しており、これはサッカーではめったに見られないものだ。

しかしそれは彼らがロマン・アブラモビッチから得ることができるものをイタリア側が握っていることを意味する。

アントニオ・コンテについてはどうだろうか。

まあ、彼は休暇中だからそこに喜んで座っていると想像するだろう。もしチェルシーがコンテを取り除きたいなら、
彼らは 900万ポンド(約13億円)を彼に払わなければならないので、彼は現時点ではどこかに移籍することを急いでいない。

コンテはまだ公式に監督に就任しているにもかかわらず、
彼の個人的な意図として、彼が去年の夏に契約した改良された契約が尊重されるべきであることを再確認した。

彼がプレシーズンの開始のためにコブハム練習場に姿を見せるとき、マウリツィオ・サッリのこの執拗な報道と、彼が署名したい目標が引き続き存在している。

サッリが契約したい 9名の選手達

これまでチェルシーとマウリツィオ・サッリがリンクしてきた選手は、以下の 9人に上る。

  1. ユベントス DF ダニエレ・ルガーニ – 誰も通常のゲームを手に入れることができない – 3500万ポンド(約50.8億円)。
  2. インテル MF マティアス・ベシーノ – イタリアで食い違ったシーズンがあると記述されている。
  3. ナポリ 攻撃的 MF ドリース・メルテンス – 最も現実的な調印は3,000万ユーロ(約38.4億円)。
  4. ユベントス FW ゴンサロ・イグアイン – これは何度もリンクされており、シーズンに実現する可能性がある。
  5. ナポリ DF エルセイド・ヒサイ – 放出される予定のダヴィデ・ザッパコスタに代わって4000万ユーロ(約51.2億円)。
  6. ナポリ FW ホセ・カジェホン  – 純粋に彼がナポリにいたので別の名前がリンクされている。
  7. ローマ DF コスタス・マノラス – 3200万ポンド(約46.5億円)のリリース条項がある。ダヴィド・ルイスの代わりになる可能性はあるだろうか。
  8. ニース MF ジャン・ミシェル・セリ- ビッグリーグへの移籍準備についての熱狂的な見通しがある。
  9. バイエルン・ミュンヘン FW ロベルト・レヴァンドフスキ – それはチャンピオンズリーグのようには起こらないだろう。

錯綜している情報に一喜一憂してはいけない

このように、私の見解は純粋な推測であり、今夏は人々がちょうどクジを握っている。マネージャーの何も、選手の何もかも、チェルシーからは何の公式発表が無かったからだ。

来シーズンのプレシーズンに向けて選手が登場したとき、監督/ヘッドコーチになることにもかかわらず、彼らは、今シーズン以降の最初のチームからレンタル移籍となる選手達のうち、毎年 1〜2人は他のチームで活躍する有力な選手達が居ることを認識する。

今年の夏にはクラブからそのような選手は出るだろうか。それにはいくつかの理由があるかもしれないし、慌てずに冷静にすることが重要だ。

ロマン・アブラモビッチは常にサッカーチームの最善の利益を最初に持ち、今までのところほとんどが機能してきた。

それがアントニオ・コンテの残留を意味するのか、マウリツィオ・サッリの来訪となるのかを、私たちは待って静観しなければならないだろう。

今夏の移籍市場の終わりにチェルシーに加入する選手達に期待しよう。 現時点での勘ぐりは無駄であり、それは悪化するだけだから。

引用元 Chelsea Daft、和訳者 cheren

チェルシーの監督人事や選手の契約に関する報道について、この記事では静観を求める内容が記載されています。イングランドでも情報が錯綜して一向に公式発表が行われないチェルシーの状況に懸念を感じている人々も居るということでしょう。

ワールドカップ期間中のため、例年よりはチーム準備や始動が比較的遅くなるシーズンであることは事実なのですが、せめて監督人事だけでもクリアにして貰いたいところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)