ナポリ、チェルシーDFダヴィド・ルイスの獲得交渉を続けている

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Chelsea Officiall Site

SSC ナポリは、今夏の移籍市場でチェルシー DF ダヴィド・ルイスの獲得を依然狙っているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーがユベントス DF ダニエレ・ルガーニを獲得すれば、SSC ナポリはダヴィド・ルイスの獲得を加速する可能性がある。

プレミアリーグの巨人チェルシーはダニエレ・ルガーニにサインしようとしているが、ナポリはブラジル人 DF ダヴィド・ルイスと契約するための扉を開く可能性のある。

チェルシーは、23歳のイタリア人の取引をできるだけ早く行うため、マウリツィオ・サッリに選手の処分判断をさせたいと考えている。サッリはスタンフォード・ブリッジでアントニオ・コンテの後任として任命される予定である。

イタリアの放送局 Sportitalia によると、チェルシーはルガーニ獲得のために一度却下されたオファーについて 3500万ポンド(約50.6億円)に改善して再オファーしている。

そしてこの契約が完了すると、昨シーズンのほとんどを怪我の治療に費やしてしまったルイスの移籍の扉が開けた。

31歳の選手は、元チェルシー監督を務めたカルロ・アンチェロッティが運営するクラブであるナポリから求められている。

ナポリは今シーズン、クラブ会長のアウレリオ・デ・ラウレンティスが監督を守ることで彼らの防衛を強化しようとしている。チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドのターゲットであるカリドゥ・クリバリは夏には売却されないだろう。

ルイスのディフェンダーとしての経験は、勝点 4ポイント差でセリエAのタイトルを逃した来年のナポリで役立つだろう。

引用元 insidefutbol.com、和訳者 cheren

 

こちらの記事でも触れられていますが、ユベントス DF ダニエレ・ルガーニのチェルシー移籍が濃厚となるなか、SSC ナポリはチェルシーでの DF の序列が下がっているダヴィド・ルイスの獲得のチャンスを継続して伺っているようです。

リンク先の記事の原文は 6月14日近辺に報道された内容ですが、2週間経過しても依然移籍の噂が絶えていないので、ダヴィド・ルイスが今夏チェルシーから放出されるのも濃厚と思われます。

 

コメント