ジョン・オビ・ミケルがユナイテッドを蹴ってチェルシーを選んだ理由

画像出典元 football.london

プレミアリーグ挑戦当時、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがジョン・オビ・ミケルの獲得を争っていましたが、ミケルがチェルシー入団を選択した経緯を語っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

ジョン・オビ・ミケル入団当時の状況

元チェルシー MF ジョン・オビ・ミケルは、ノルウェークラブの FK リンからプレミアリーグへ挑戦するとき、マンチェスター・ユナイテッドではなくチェルシーに加入することを確信した。

10年以上前、ジョン・オビ・ミケルはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を拒否してチェルシーへ入団した。

2005年 FIFA ワールドユース選手権で、リオネル・メッシに次いでシルバーボール賞を獲得したナイジェリア人は感銘を受けていた。この MF は、2人のプレミアリーグの巨人達の間での獲得合戦のターゲットとなっていた。

とあるタイミングで、ユナイテッドは彼らがミケルに署名したと信じていた。事実として、ユナイテッドの公式ウェブサイト上で取引が行われたことを公表し、クラブ代表のジム・ライアンから背番号 21番のユナイテッド・シャツを受け取ったミケルの映像が公開された。

しかし、実際にはミケルはブルーズのためにプレーする彼の欲求を述べた。そして、スタンフォード・ブリッジの経営陣は最終的に 2006年にユナイテッドへ 1200万ポンド(約17.3億円)と400万ポンド(約5.8億円)を支払うことで問題を解決した。

ミケル本人の述懐コメント

ミケルは当時を以下のように述懐している

「アレックス・ファーガソンが大好きだったので、マンチェスター・ユナイテッドに行きたいと思っていた。

「ナイジェリアのホームに戻ったとき、ナイジェリアの多くの人々が、ユナイテッドに行くべきだと言っていた。それは、若い選手たちとどれだけうまくやっていけるのかといった不安やチェルシーがスーパースターを買ったことに対する出場機会の懸念があったからだ。

「実際、チェルシーにはランパード、バラック、そしてマケレレのような選手がいたとき私は 18歳だった。当時のナイジェリアの多くの人がチェルシーのチームで試合に出場できるかどうか疑問に思った。

「なのに、なぜ私は世界最大のクラブへの入団を辞めたのだろうか。

「何が起こったのか教えてあげたい。当時、両陣営のすべての人々が私の獲得のために戦っていた。エージェント、監督、見知らぬ人、私に関する新聞記事を手がける人。
そして、アレックス・ファーガソン監督が電話で私に電話をした。

「そして、私はロマン・アブラモビッチの反対側に居た。
ロンドンに私を入れて、私がどこにいるか知っていた人はほんのわずかだった。本当に混乱していたし、私は子供だった。あなたは知っていただろうか。

「FIFA の誰かが私に電話をしてた。彼らは言った、『聞いて欲しい。あなたは若いのだが、あなたは既にこの 2つのクラブがあなたのために戦っていることを知っている。あなたは私達に言わなければならない。

「私は長いこと考えていたが、それは私の人生の最大の決断だった。

「あなたは何が私の心を作ったかを知っているだろうか。
チェルシーはナイジェリアから他の3人の選手とも私と一緒にサインした。 彼らは私の会社を維持するためにロンドンの家に私と一緒にいた。彼ら 3人の生活は、私が作った決定に依存していた。

「もし私がユナイテッドへ行ったら、彼らのチャンスはなかった。私がチェルシーに行ったので、彼らはキャリアを持った。それがどれほど長く続いたとしても、彼らにチャンスを与えることが私にとって重要だった。 あなたは知っていただろうか。

「私はチェルシーを選び、その日 4つの命の運命が変わった。」

結局、チェルシーを選ぶことは正しいものであることが判明している。

ミケルはチェルシーで 10年以上を過ごし、2017年に中国スーパーリーグの天津泰達に加入するまでに、2012年のチャンピオンズリーグを含め、彼にとって重要な名誉をすべて獲得したのだから。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ミケルのコメントから判断する限り、彼はマンチェスター・ユナイテッドへ入団したかったのかもしれません。ただ、その当時彼を取り巻いた状況がそれを許さなかったように感じます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)