チェルシー、今日初めてサッリに関する「真の」交渉をナポリと開催

画像出典元 Chelsea FC Official Site

マウリツィオ・サッリのチェルシー監督就任について、チェルシーと SSC ナポリの両クラブ間での初めての「真の」交渉が行われるとのことです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーは、今日の最初の「真の」会議を開催してラインをめぐり取引を試みた。

過去数日間、イタリア紙 Il Mattino はマウリツィオ・サッリからチェルシーまでのすべての話をしており、状況に関する情報の最新情報を提供し続けている。

昨日のイタリアの新聞報道では、元 SSC ナポリ監督は心配の最初の兆候を見せ始めていた。ブルーズとアントニオ・コンテの間の取引には至っておらず、彼は 1年ほど仕事が無い状態を強制される可能性がある。

それでも未解決のままでは心配はまだそこに残っており、チェルシーはナポリとサッリの状況を同時に整理しようとしている。しかし、一度に 2つの場所にいるのは難しい。

Il Mattino は、イタリア人の59歳の契約を解放するための 500万ユーロ(約6.4億円)の契約の以前の主張にもかかわらず、セリエA のチームとスタンフォードブリッジのクラブとの間の最初の「真の」接触となる可能性が最も高いと報じている。

この両者の会合は、ダヴィド・ルイスの移籍についての議論を潜在的に開く良い機会となるだろうが、それはまだどちらのクラブにとっても優先事項ではないだろう。

引用元 Sport Witness、和訳者 cheren

この記事によると、マウリツィオ・サッリの獲得交渉について、SSC ナポリとチェルシー FC のクラブ間交渉が今回初めて行われるとのことです。

今まで様々なメディア媒体で、サッリの就任目前や何時までに発表される等の報道が出ていましたが、現地でも情報が相当錯綜しているようです。

この報道が本当だとすると、漸く事態が動き出すことを意味していますが、交渉の結果次第ではサッリの就任が立ち消えとなり、電撃的なアントニオ・コンテの続投発表であったりするかもしれません。

何れにせよ、予断を許さない状況となりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)