チェルシー、サッリとアレクサンドル・ゴロビンを新時代の突破口に設定

画像出典元 football.london

チェルシーは、サッリの新監督就任に伴い、CSKA モスクワの MF アレクサンドル・ゴロビンの獲得を目指しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

スタンフォード・ブリッジの状況は最終段階に入ってより流動的になり始めている。

CSKA モスクワのアレクサンドル・ゴロビンは、チェルシーのマウリツィオ・サッリ時代の最初の署名になると思われる。今夏の移籍でアントニオ・コンテの代わりにサッリが監督としてスタンフォード・ブリッジのホットシートに足を踏み入れる準備が整った。

元 SSC ナポリの監督は、移籍市場による選手の調達ではなく、訓練分野での彼の指導を通じて魅力的で攻撃的なサッカーチームをつくるという評判を得ている。

メディアとタッチラインの前でのサッリの行動はブルーズにとって懸念の源泉となっている。しかし、59歳のイタリア人が西ロンドンで成功するために必要なものすべてを確保できるよう、チェルシーは計画を進めている。

ゴロビンはチェルシーが今夏に目指すチーム再建の出発点に設定されているが、コンテの監督としての任期期間中であるにもかかわらずクラブが契約をコントロールしているため、コンテは不満に感じている。

サッリは彼のコーチングで解決策を見つけることを好んでいるが、すでにチェルシー重役のマリナ・グラノフスカイア氏と他の採用チームに彼の好みを明らかにしているようだ。

チェルシーは、2018年ワールドカップで目立った活躍を見せているロシアのゴロビンについて、興味を持った他のクラブを追い出していると伝えられている。

CSKA モスクワのプレーメーカーは、ブルーズがテーブルに置いた 3,000万ユーロ(約38.6億円)を下回るオファーをもはや考慮しないだろう、と Goal は見解を述べている

アーセナル、バルセロナ、ユベントスもこの 22歳の選手と結びついている。サッリは来シーズンのチャンピオンズリーグへの復帰を目指すことになるが、2017年のプレミアリーグチャンピオンの支出力に挑戦する準備はできていない。

今夏の移籍市場では、スタンフォード・ブリッジにダニエレ・ルガーニ、ドリース・メルテンス、ゴンサロ・イグアイン、カリドゥ・クリバリ、そしてコスタス・マノラスの獲得も目標としていると伝えられている。

引用元 football.london、和訳者 cheren

アレクサンドル・ゴロビンは CSKA モスクワに所属する MF で、現在開催中のワールドカップ初戦のサウジアラビア戦で、試合終了間際に 1ゴール 2アシストの成績を残しています。

このワールドカップ初戦の躍動により、ユベントスをはじめとする欧州各クラブからの注目を一気に集めたようですが、チェルシーがその粉かけを追い払っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)