チェルシー、CSKAモスクワMFアレクサンドル・ゴロビンの獲得に興味

Chelsea

画像引用元 Sky Sports

CSKA モスクワの MF アレクサンドル・ゴロビンをチェルシーが関心を持っているという情報について、複数のメディアが報道しているようです。

 

引用記事の和訳

The hefty fee Chelsea will need to pay to appoint Maurizio Sarri
It is looking increasingly likely that the Italian will head to Stamford Bridge

攻撃的 MF は今夏のクラブ初の獲得になる可能性がある。

イタリアの Sky によると、チェルシーは CSKA モスクワの MF、アレクサンドル・ゴロビンにサインすることに興味がある。

ゴロビンは、今夏のワールドカップ開催国のロシアにとって、サウジアラビアとの大会で勝利し、グループステージを突破してスペインとの16日の決勝トーナメント初戦に進出するのを支援するなど、印象に残っている。

ユベントスは、モスクワでの契約が 2020/21 シーズンの終わりまで続くゴロビンの獲得に向け、2000万ユーロ(約25.8億円)のオファーを出していた。 CSKA は 2500万ユーロ(約32.2億円)を望んでいると考えられており、セリエA クラブはオファー金額を引き上げないことに決めた。

マウリツィオ・サッリはセリエA のクラブに契約を残しているが、22歳のゴロビンはイタリア人監督が SSC ナポリの本拠地スタディオ・サン・パオロを去る前に、サッリが要望した選手と考えられている。

サッリの契約状況は、イタリアの Sky によると、6月末までに整理される予定とのことだ。

ナポリはカルロ・アンチェロッティがサッリから引き継ぐことをすでに確認しており、その動きは 7月1日に正式に発表される予定です。

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

 

CSKA モスクワのゴロビン獲得に関する題名で発表された内容ですが、この記事の末尾にサッリの最新情報について 7/1 に正式発表される旨記載されていました。

この記事の出典は Sky Sports であり、信憑性に疑義のあるとされる Daily 某や Metro とは異なり、Sky が発表したものとなりますので、信憑性は高めかもしれません。

ただ、動向が発表されるということであり、サッリが正式就任するとは限らないことがポイントだと思いますが、各国のメディアもサッリ就任で固まっていますので、この流れから外れることはないと考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました