ドイツ代表監督レーヴをチェルシーの監督に任命してはいけない

画像引用元 Soccer Souls

ロシア・ワールドカップで歴史的敗北によりグループステージで姿を消したドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴについて、チェルシー監督に据えてはいけないという意見が出ています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

なぜチェルシーはワールドカップ戦を終えた後のヨアヒム・レーヴの監督任命を避けるべきなのだろうか。

報告によると、ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴは、屈辱的なワールドカップを終了した後、チェルシーの新しい監督になる可能性は低い。

ワールドカップのディフェンディングチャンピオンは、衝撃的な試合結果により最下位でグループステージを終了した後、ワールドカップから去った。ドイツはグループステージ最終戦で韓国に 0−2 で敗れた。

ドイツは彼は本当に大騒ぎすることなく首位通過していたはずなのに、スウェーデンとメキシコがグループステージ突破を果たした。

しかし、トニ・クロースの最後の激しいフリーキックがスウェーデンを突き放すを助け、2-1 でドイツ代表はリーグ戦でなんとか 1勝した。

忘れることのできないワールドカップに続いて、レーヴはドイツ代表監督から退くことが予想される。

そしてこの夏、このドイツ人がチェルシーを担当する可能性が完全に排除されるわけではない。 しかしチャンスがあれば、チェルシーはレーヴを指名するべきだろうか?

レーブのプレーのキャリアは控えめながら、彼の監督としての資質は他に類を見ないものだ。

1995年に VfB シュトゥットガルトのアシスタントコーチとして任命された後、彼はちょうど 1年後に最初の監督としての仕事を任され、クラブを DFB ポカールの栄光に導いた。

レーヴはその後、フェネルバフチェ SK、カールスルーエ SC、アダナスポルで監督を歴任し、2002年にはオーストリアの FC チロル・インスブルックでリーグ優勝を果たした。

2004年には、UEFA ユーロ 2004 で結果が振るわず失望を与えてしまった当時の監督ルディ・フェラーの後を受けて就任したユルゲン・クリンスマンのアシスタント・コーチとしてレーヴが任命された。

2006年には、クリンスマンが契約を更新しないことを決定した後、レーヴがドイツ代表の新監督に選出されている。

ディフェンディングチャンピオンとしてのドイツの期待は高かったが、それは実現できなかった。 ワールドカップでの最初の試合でメキシコに衝撃的な敗北を喫したことが、ドイツ代表に厳しい警鐘を鳴らした。

彼らはスウェーデンとの次戦で勝利したが、水曜日には韓国がドイツに対して大金星を挙げて彼らをワールドカップから追い払い、ドイツは 1938年以来初めてグループリーグ敗退を記録した。

今はレーヴとドイツにとって信じられないほど雰囲気が暗く、ドイツのワールドカップからの敗退後、レーヴはドイツと 2022年末まで契約を結んでいるが、彼は代表監督の継続を拒否している。

しかし、58歳のドイツ人がドイツ代表から解雇されたとしても、チェルシーは彼を新しい監督に任命してはならない。

実際、ブルーズは来シーズンに先立ってアントニオ・コンテの代わりにマウリツィオ・サッリの着陸を続ける必要がある。

引用元 Soccer Souls、和訳者 cheren

ドイツ代表監督レーヴは、ワールドカップ終了後に監督の座を退くことが有力視されていますが、この記事ではチェルシーは彼よりもコンテとサッリの契約をどうにかしろという口調で締めくくっています。

この記事には、レーヴをチェルシー監督にすべきではないという意思は感じますが、何故監督にしてはいけないのかが一切記載されていなかったのが残念でした。

単純に縁起が悪いから、ということなんでしょうか。。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)