ジェイク・クラーク=ソルターはチェルシー-フィテッセをつなぐ次の選手となるか

画像引用元 SBNation

チェルシーは、若手 DF のジェイク・クラーク=ソルターをエールディビジのフィテッセへレンタル移籍させる計画のようです。そのかわりに、現フィテッセにレンタル中のマット・ミアズガをチェルシーへ合流させるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

今年の夏、チェルシーのファーストチームのビジネスはかなり遅くなっているが、ユースレベル(そして女性チーム)ではいつものようにビジネスを続けている。

つまり、5人の確定メンバー(更にシャルケ 04 での滞在を続けている 6人目のババ・ラーマン)が来て、ローン軍が今シーズンに向けて形を整え始めているということを意味する。

昨シーズンの後半にサンダーランドの沈没船で過ごしたジェイク・クラーク=ソルターは、次シーズンでのチェルシー合流が期待されている。また、サンダーランドでの活躍は彼の名前にいくつかの信用を与えることができた。

オランダの新聞 De Gelderlander によれば、彼はSBV フィテッセとの取引によりエールディビジのチームに加わると予想されている。

ヨーロッパリーグ出場クラブは、お互いに有益なパートナーシップの次の選手として、20歳のシーズンを奪うことに熱心である。

FIFA U-17 ワールドカップ優勝者は、DF マット・ミアズガのポジションを埋めるための理想的なセンターと見なされている。ミアズガは直近の 2年間でフィテッセに所属しているチェルシーの DF 選手である。

また、MLS のサンノゼ・アースクエイクスにレンタル移籍している長年のキャプテンと CB を務めるグラム・カシアの出発にも対処しなければならない。

エールディビジはディフェンスの頂点ではないかもしれないがクラーク=ソルターのためには良い一歩となるはずである。

ロマン・アブラモビッチの友人であるフィテッセ監督のレオニード・スルツキーは、クラーク=ソルターをレギュラーとして出場させるのに苦労することは殆ど無いだろう。

引用元 SBNation、和訳者 cheren

チェルシーのレンタル組の選手たちに関するトレードやレンタル先の交渉は順調に進んでいるようです。

このことから、チーム編成に支障をきたしているのは監督就任のゴタゴタを原因とするトップチームのみで、クラブ全体で異常な状態に陥っているのではないことがわかり、少し安心しました。

ただ、やはりクラブとして見られるのはトップチームなので、早く次シーズンに向けたビッグな公式発表を行って欲しいところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)