チェルシー、クロアチア U-21 代表 DF フィリップ・ベンコビッチに興味

画像引用元 EXPRESS

チェルシーは今夏の移籍でクロアチア U-21 代表 DF のフィリップ・ベンコビッチに関心を持っていると報道されているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーは、マウリツィオ・サッリの次シーズン監督の就任が目前並であるにもかかわらず、アントニオ・コンテの離脱をまだ確認していない。

しかし、クラブはクロアチア U-21 代表の新星、フィリップ・ベンコビッチとの契約に興味を持っている。

ディナモ・ザグレブ所属の DF は約2500万ポンド(約36.7億円)の費用がかかるが、今夏のクラブ初の新しい新入団選手となるだろう。

チェルシーの経営状況は移籍が止まったことを意味しており、現在の選手はまだ彼らの立場を確信している。

エデン・アザールとティボー・クルトワはクラブを離れ、
アルバロ・モラタの放出にもつながっている。

チェルシーはダヴィド・ルイスを売却することにもなっており、後にオプションがさらに必要になるだろう。

サッリはユベントス DF ダニエレ・ルガーニへの動きに注目しているが、代理人は取引が起こる前に監督が適切な位置にいる必要があると強調した。

「まずはサッリの問題が解決されなければならないと言うのは明らかであり、交渉を進めてそれをもっと具体的にする。」と代理人は Tuttojuve.com によって報告されたように、Sportitalia に語った。

しかし、20歳のベンコビッチは、昨シーズンのクロアチア・リーグでの印象を与えた後、獲得のターゲットとして浮上した。

6フィート4インチ(約193cm)の DF は、ディナモ・ザグレブでの 3シーズンで、50試合以上に出場している。

セルティックは昨年の夏の移籍に興味を持っており、ボルシア・ドルトムントとウェストハム・ユナイテッドも彼の今夏の移籍を監視している。

イタリアのレポートでも、AC ミランが彼のオファーを検討していると主張している。

引用元 EXPRESS、和訳者 cheren

サッリの監督就任が頓挫しているさなか、チェルシーは今夏の補強候補としてクロアチアの若手 DF フィリップ・ベンコビッチの獲得を検討しているようですが、彼の代理人は監督問題がクリアにならなければチェルシーへの移籍は難しいと考えているようです。

監督問題の膠着は目に見える形で様々な箇所に影響を与えてしまっているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)