ナポリのジョルジーニョ、サッリのチェルシー到着を待つ

画像出典元 NDTV SPORTS

SSC ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、サッリのチェルシー監督任命と MF ジョルジーニョのチェルシー売却についてコメントしたようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

SSC ナポリの代表者は、チェルシーがマウリツィオ・サッリをバッグにセットにしたと語った。

チェルシーはプレミアリーグチャンピオンのマンチェスター・シティ FC の後塵を拝してシーズンを終え、そしてチャンピオンズリーグの出場資格を失った。

チェルシーは、マウリツィオ・サッリを新監督に任命し、ナポリの MFジョルジーニョと契約した。セリエA クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が水曜日に明らかにした。

ブルーズはサッリを追いかけている。サッリはカルロ・アンチェロッティが新監督になったにもかかわらずまだナポリと契約を結んでいるが、プレミアリーグのタイトル防衛に失敗したアントニオ・コンテの代わりとなる。

彼らはチャンピオンとなったマンチェスター・シティの後ろの順位でシーズンを終了し、チャンピオンシップ資格を失っている。

デ・ラウレンティス会長は、水曜日のアンチェロッティの公式発表で以下のように述べた。

「サッリの事件が終わりに近づいているとしよう。私の弁護士は彼の弁護士に契約書を提出している。」

デ・ラウレンティス会長は、ジョルジーニョが59歳のサッリがロンドンに到着するのを待っているとも述べた。

映画プロデューサーである会長は、彼が 2週間前に MF に関するマンチェスター・シティとの契約を打ち切ったが、チェルシーはより高い給与を提示しており、またイタリア代表もマンチェスターではなくロンドンへの移籍を優先したことを明らかにした。

ジョルジーニョはサッリにとってはナポリのファーストチームに重要な選手だったが、デ・ラウレンティス氏はアンチェロッティにとっては「必須ではない」と語った。

彼は、チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチとのジョルジーニョの売却に関する合意は、「サッリがチェルシーを担当するかどうかにかかわらず」と位置づけられたと付け加えた。

サッリは、彼が担当していた 3シーズンでナポリのチームが果たした広大なパスサッカーを見事に獲得したが、ユベントスのセリエ Aの支配を止められず、トロフィーなしでイタリア南部でのひと時を終えた。

彼らは 3回のシーズンのうち 2回を 2位で終え、昨シーズンは 4月末にフィオレンティーナに 0-3 で敗れた後、チャンピオンのユベントスに最後まで追いつけなかった。

彼らはクラブの勝点として 91ポイントを得たにもかかわらず、火曜日にスーパースターのクリスティアーノ・ロナウドとの契約を発表した人であるマッシミリアーノ・アッレグリに最終的に 4ポイント差をつけられた。

コンテが解任となるのは、2016/17 シーズンのプレミアリーグ優勝と昨シーズンの FA カップ優勝後となる。

しかし、シーズン 4位以内のフィニッシュ失敗とチェルシーの退屈なフットボールに対する批判は、元イタリア人監督の責任であった。

引用元 NDTV SPORTS、和訳者 cheren

SSC ナポリの会長が、アンチェロッティ新監督発表会見の場で、サッリがチェルシー監督として就任することと MF ジョルジーニョのチェルシー移籍についてコメントしたようです。

ジョルジーニョはマンチェスター・シティへの移籍が濃厚となっていましたが、デ・ラウレンティス会長が破談させたことが報道されており、ジョルジーニョの移籍先が話題を呼んでいました。

最終的にはチェルシーへの移籍が有力視されている状況となっているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)