マウリツィオ・サッリ、チェルシー監督に就任

画像出典元 sky news

現地のメディアでも様々に報道されたマウリツィオ・サッリが遂にチェルシー監督に就任したようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

元 SSC ナポリの監督、マウリツィオ・サッリがアントニオ・コンテに代わりチェルシー監督となった。

アントニオ・コンテは、西ロンドンクラブでの 2シーズンでプレミアリーグと FA カップを獲得した後、解任された。

元ナポリ監督のマウリツィオ・サッリは、アントニオ・コンテに代わって 3年間の契約でチェルシー新監督として加入した。

西ロンドンのクラブは、5月にウェンブリーで行われた FA カップの栄誉にイタリア人が貢献したにもかかわらず、金曜日にオフィシャルウェブサイトで短い声明を発表し、コンテ(48歳)の解任を発表した。

サッリはナポリで成功した後、スタンフォード・ブリッジの次の監督になることが広く予想されていた。ナポリでは、彼の刺激的なサッカーのブランドがチャンピオンズリーグの出場資格を確保するのに役立ちました。

彼は5月、カルロ・アンチェロッティによって取って代わられた。アンチェロッティは元チェルシーの監督だった。

サッリの任命は今確定しているが、59歳のイタリア人は、前年リーグタイトルを獲得したが昨シーズン 5位となったチェルシーで、プレミアリーグの栄冠のための挑戦を楽しみにしていると語った。

「チェルシーとプレミアリーグに来ることができてとても嬉しく思っている。それは私のキャリアにとっては刺激的な新しい時代だ。

「オーストラリアに行く前に月曜日に仕事を開始し、選手たちと出会うことを楽しみにしている。そこで、私はチームと知り合い、試合の采配を開始することができる。

「ファンに面白いサッカーを提供できること、そして今シーズンの終わりにトロフィーを競うことができればと思っている」

クラブディレクターのマリーナ・グラノフスカイアは次のように語った。

「我々はマウリツィオを歓迎できることを喜んでおり、彼のサッカー哲学をチェルシーにもたらすことを楽しみにしている。

「マウリツィオ時代のナポリは、ヨーロッパで最もエキサイティングなサッカーをして、攻撃的なアプローチとダイナミズムで印象づけた。彼のコーチングメソッドは選手を大幅に改善した。

「彼はセリエA とチャンピオンズリーグで豊富な経験を持っており、プレミアリーグで活躍できるチャンスがあることを知っている」

サッリは、ロシアの億万長者ロマン・アブラモビッチが2003年6月にクラブを買収して以来、チェルシーの 13番目の監督であり、またクラブ史上 6人目のイタリア人となった。

引用元 sky news、和訳者 cheren

チェルシー新監督として、ついにマウリツィオ・サッリの就任が発表されました。

2003年にアブラモビッチ体制になって 15年、監督が 13人目という事実に驚愕ですが、その中でイタリア人が 5人就任していたんですね。

ちなみに、チェルシーの歴代監督は、1996年5月から 1998年2月 まで就任した選手兼監督のルート・フリットの前までは、イングランド国籍かスコットランド国籍の監督しか就任していませんでした。

  • アブラモビッチ体制以前のイタリア人監督
  1. ジャンルカ・ヴィアリ:1998/2/12 – 2000/9/12

  • アブラモビッチ体制後のイタリア人監督
  1. クラウディオ・ラニエリ:2000/9/17 – 2004/5/31
  2. カルロ・アンチェロッティ:2009/7/1 – 2011/5/22
  3. ロベルト・ディ・マッテオ:2012/3/4 – 2012/11/21
  4. アントニオ・コンテ:2016/7/3 – 2018/7/13
  5. マウリツィオ・サッリ:2018/7/13 –

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)