ティボー・クルトワ、チェルシーとの契約延長を信じる

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 The Guardian

チェルシー GK ティボー・クルトワは、ロシア・ワールドカップでのパフォーマンスを踏まえたチェルシーとのより良い契約延長オファーに期待しているようです。

 

引用記事の和訳

マドリードに戻ることに本当の関心が残っているが、テーブル上にあったものは、私が持つことができるものとは異なる。

ティボー・クルトワは、ワールドカップでのベルギー代表としてのプレーのパフォーマンスが、昨年末からのチェルシーからの契約オファーの改善を提案しており、ゴールキーパーは今後数週間で彼の未来に取り組んでいく。

ベルギー代表はロシアワールドカップの 7試合でイングランド戦 2試合を含む 3試合のクリーンシートを達成し、ロベルト・マルティネスのチームはトーナメントで 3位という最高成績を記録した。

しかし、彼は過去 4年間レギュラーだったが、クルトワの現在の取引はチェルシーでは 12カ月ぶりに改善しており、週 20万ポンド(約3000万円)程度の価値があると考えられている。なお、昨年12月に交渉が行われて以来、サインには至っていない。

2011年に KRC ヘンクから確保され、アトレティコ・マドリードでの 3年間のレンタルを通じて印象的だった 26歳は、ワールドカップの終了時に彼の未来について話し合うと一貫して述べている。

ベルギー人がロンドンに滞在している間、彼の元パートナーはマドリードで 2人の子供と一緒に住んでおり、レアルは長い間彼をラ・リーガに戻すことに関心を持っていた。

しかし、その関心は決して正式化されていないが、新しい契約オファーが彼の期待を満たさない場合、クルトワは現在の契約の最終年度にスタンフォード・ブリッジに残っていることを否定していない。それは、来年のボスマン裁定の下で彼を失う危険よりも、今夏の賃金で彼を売却する方が良いチェルシーを警告するだろう。

クルトワは、「確かに戻ってくるだろうし、彼らが何をしたいのか、それがどういうものかを見るだろう」と語った。

「明らかにこのワールドカップでは、明らかにテーブル上にあるものは、私が持つことができるものとは異なると思う。

「このワールドカップでは、私はすべての噂、すべての噂を無視しているが、私は代理人とチャットをして、チェルシーが彼に言ったことを見て、次に話をします。

「しかし、私はチェルシーで満足しているように感じている。人々は常に、プレーヤーが契約を遵守していないと不満を持つが、おそらく彼らはそうする。たとえ私が新しい契約に署名しなくても、彼らがベンチで自分の資質を持つ人を保つとは思わない。

「しかし、おそらく私はロンドンが好きなので、滞在することが可能だ。」

ベルギーがイングランドに 2-0 で勝利して 3位の確保に約だったクルトワは、エデン・アザールの試合後のコメントについて、以下を語った。

「チェルシーで 6年間過ごした後、違うものを発見する時が来るかもしれない。彼もまたレアルに調査されているが、どこに行ったとしても、エデンは来なければならない」

「私たちはお互いに行かせないだろう。しかし、まず、休暇だ。」

クルトワと彼のチームメイトが 5月に FA カップの成功を祝って以来、チェルシーの状況は変わっている。アントニオ・コンテと彼のスタッフは職務を解任され、マウリツィオ・サッリがヘッドコーチとして就任した。

クルトワは、クラブの首脳陣がコンテの離脱を選手たちに伝えてから長い間それがあったと示唆していたが、その長いプロセスは先週締結されただけだった。

「何が起こったのか正確には分からないので、サッリの任命について話すことは難しい。」とクルトワは付け加えた。

「しかし、数日前に行われた決定は、グループとしては首脳陣が私たちに今シーズン後に何を言ったかを聞いたので、ずっと前に起こると思った。

「しかし、私は新しい監督が来て数週間で私たちを形作るのは簡単だとは思わない。

「ファンは、新しい監督と異なるスタイルに適応するためには時間が必要だと理解する必要があると思う。

私は SSC ナポリのサッリの下で働いていたドリース・メルテンスを知っていて、彼はサッリについて本当に良いと思っていて、戻っていくつかの賞を獲得することを楽しみにしている」

引用元 The Guardian、和訳者 cheren

 

様々なメディアがクルトワのレアル・マドリードへの移籍の噂を報道してますが、クルトワ自身は W杯でのパフォーマンスを踏まえてチェルシーとの更に良い延長契約 のオファーが寄せられることに期待しているようです。

 

コメント