レアル・マドリードがチェルシーの 2人に 2億2500万ユーロを投入か

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 CAUGHTOFFSIDE

クリスティアーノ・ロナウドをユベントスに獲られたレアル・マドリードがチェルシーのエデン・アザールとティボー・クルトワの両方の獲得を狙っているようです。

 

引用記事の和訳

レアル・マドリードは今までのところ荒廃した夏を過ごしたが、エデン・アザールとティボー・クルトワをチェルシーから 2億2500万ユーロ(約296億円)で狙っているとの報告がある。

ジネディーヌ・ジダンがサンチャゴ・ベルナベウを去ってフレン・ロペテギと交代した後、ロス・ブランコスはクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したことで大きな打撃を受けた。

それを念頭において、近年チャンピオンズリーグで 3連覇を達成した彼らは、ポルトガルのスーパースターがその手段の一部となって楽しんでいたが、その成功の印象的なレベルを維持する彼らの能力以上の疑問を提起している。

一方で、マドリードの管理層は、ロペテギの成功の可能性を高めるために今年の夏に選手団に加えて、伝えられるところによると 2つの影響力のあるスターをチェルシーから獲得するという、チェルシーにとって二重の襲撃の形で来るかもしれない。

ベルギーの新聞 Het Laatste Nieuws 経由の Sport の報道によると、彼らはアザールとクルトワの両名にサインするために 2億2500万ユーロ(約296億円)の入札を開始し、
チームを強化するベルギーのペアを狙っているとのことだ。

クリスティアーノ・ロナウドが抜けた空白を埋めるためには、アザールのサインは理にかなっている。しかし、レアル・マドリードにとって成功するためのファーストチョイスとなったケイラー・ナバスは、クルトワの獲得は熾烈なものに見えるだろう。

とはいえ、レアル・マドリードがヨーロッパで最高のものの 1つとして自分自身を確立しているクルトワのようなクオリティの高いゴールキーパーにサインする機会があるのなら、おそらく彼らは自身の運を試して、ベルギーのペアにサインしようとすることは論理的だ。

新しい監督のマウリツィオ・サッリにとっては大惨事ではあるが、チェルシーの視点からは、ブルースにとって屋台骨の 2人の選手と過去 3年間の自分の成功を失うことになる。

引用元 CAUGHTOFFSIDE、和訳者 cheren

 

 

記事にも記載されていますが、抜けたクリスティアーノ・ロナウドの穴をアザールで埋めるのは理にかなっていると思いますが、GK に関しては去年まで大活躍だったケイラー・ナバスで不足は無く、クルトワの移籍は不要ではないかと思います。

 

コメント