サッリ、ナポリから選手を獲得できない「非侵略性協定」を締結している

画像出典元 CAUGHTOFFSIDE

チェルシー新監督のマウリツィオ・サッリは、どうやら古巣の SSC ナポリから選手を獲得できない「非侵略性協定」を締結しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーの新しい監督マウリツィオ・サッリは、今年の夏に移籍市場で旧クラブの SSC ナポリを非公式に襲撃することから非公式にブロックされていると伝えられている。

Evening Standard のジャーナリスト、Tom Collomosse は BBC Radio 5 Live に対し、サッリは古巣のナポリと「非侵略性協定」を結んでいると語った。これは、彼が望む選手の幾人かにアプローチできないことを意味している。

サッリがナポリからチェルシーにジョルジーニョを連れてきてはいるが、サッリが以前の雇用者から奪うことを心配されていたナポリの選手の人数ははっきりとは分かっていない。

スタディオ・サン・パオロに拠点を置く選手たちとの関係は、おそらく驚くことではないだろうが、最近 Goal は、セネガルの CB カリドゥ・クリバリがイタリアの戦術家のレーダーに掛かった 1人の選手になる可能性があると最近報道した。

ヨーロッパのトップディフェンダーの 1人であるサッリのの下で輝くクリバリは、ダヴィド・ルイスやガリー・ケーヒルのような高齢化や成績の悪いプレーヤーのアップグレードになるだろう。

昨日の記者会見で、サッリは DF の弱点のように見えると及した。

ESPN のチェルシーの特派員 Liam Twomey のコメントは以下のとおり:

引用元 CAUGHTOFFSIDE、和訳者 cheren

サッリはルガーニを歓迎している。「私はサッカークラブと話をし、理想的には、ある種のプレーのためにセンターバックで質の差が欠けていると思った。そうでなければ非常に高いレベルにある」

引用元 Twitter、和訳者 cheren

先月の Telegraph からの別の報告書では、サッリのチェルシーへの移籍が、旧クラブでの彼の時代の最大の成功事例の一つである、ベルギーの FWドリース・メルテンスの移籍を試みるかもしれないと主張した。

59歳の監督は、このウィンガーを危険なストライカーに変えてしまった。そして、サッリは去年の夏の大失敗となったアルバロ・モラタに対して絶対にアップグレードすることができるだろう。

Collomosse は、サッリがユベントスのデュオ ダニエレ・ルガーニとゴンサロ・イグアインにサインすることを望んでいると付け加えている。彼らは、ナポリから同等のポジションの選手であるクリバリとメルテンスを連れてこられないならば、確かに素晴らしい選択肢を作るだろう。

引用元 CAUGHTOFFSIDE、和訳者 cheren

サッリがチェルシー監督となる前から、DF としてナポリのクリバリ、ユベントスのルガーニ、そして FW としてナポリのメルテンス、ユベントスのイグアインが獲得候補として挙がっていました。

両方交渉を進めて上手く取れる方だけ取るのか、あるいはまさか全員取るのかと気になってはいましたが、ナポリとの協定が背景にあったが故のプランA、プランB だったのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)