今夏の放出が予想される、チェルシーの 6人の選手達

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

新監督マウリツィオ・サッリ就任により、彼の望む新しい選手の入団が予想されていますが、一方で放出の噂が高まっている現在所属中の選手達の候補が報道されているようです。

 

引用記事の和訳

放出可能性のある 6人のリスト

今夏、マウリツィオ・サッリのための資金を調達するために売却可能な 6人のチェルシー選手達が居る。

今週、マウリツィオ・サッリがアントニオ・コンテに代わりチェルシーの新監督に就任した。これは、サッリが実装しようとしている「サッリボール (Sarri-ball)」のスタイルをプレーするために、彼のチームを再編成しようとしていることを意味する。

これから行われるシーズンでのチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったため、いくつかの彼のスター達の将来が注目されるかもしれないことを意味する。

ティボー・クルトワとエデン・アザールの噂が出てくる可能性もある。クラブが売上から多少の利益を上げることができると考えているのであれば、彼らは本当にこの夏に移籍する可能性がある唯一のものだろうか。

それは絶対に無く、そしてここ数週間にコンテと一緒にチェルシーから出る可能性のある 6人のリストがある。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ティボー・クルトワ

ベルギーの GK は、レアル・マドリードが最も強く結びついた今夏のスタンフォード・ブリッジからの退出になると、噂について最も話題になっている。

マドリードはシーズンが終わった後、新しいシュートストッパーに向けて買い物を考えていることは周知の事実だ。そしてクルトワやアリソン、ダビド・デ・ヘアがそのリストに上がっている。アトレティコのヤン・オブラクもまた候補に挙げられている。

クルトワとブルーズとの契約は、2018/19 シーズンの終わりに満了する。パリ・サンジェルマンも同様に動向を追っている。新たな契約がなければ、クルトワは今夏去るだろう。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ガリー・ケーヒル

ジョン・テリーを引き継ぐためにクラブのキャプテンに任命されたが、ガリー・ケーヒルはスタメン争いでアントニオ・リュディガーに敗れてしまい、セサル・アスピリクエタがしばしばキャプテンの腕章を巻いた。

32 歳の彼は 2019 年の夏まで契約を結んでおり、ブルースが新しい契約を提供するなら、それは 1年しかないということを意味する。

ブルーズは今夏に彼を売却して金を稼ぐか、契約を次のシーズンまで延期するかのどちらかを決める決断を下さなければならない。クラブは今年の夏に現金を見るかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

マルコス・アロンソ

ブルーズの過去 2シーズンで優れたパフォーマンスを披露した後、マルコス・アロンソは、スタンフォード・ブリッジからの移籍の可能性が宣伝されており、バルセロナが動向を注視している。

アロンソの契約は 2021 年まで続くため、現時点での取引で行動する必要があるケースではないが、彼はカンプ・ノウとの関係を持っている。

彼の祖父がレアル・マドリードでプレーしていた間、彼の父、マルコス・アロンソのシニアはカタロニア・クラブでプレーした実績があり、スペインに戻ることは彼が興味を持ったものになる可能性がある。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ダヴィド・ルイス

チェルシーでのキャリアに終わりに来る可能性のあるもう一つの人物は、かなり荒いシーズンを過ごしたダヴィド・ルイスだ。

30歳の彼は前監督のコンテによってベンチに落とされ、最近の負傷により 2月5日以降ブルーズでプレーできておらず、2018年には 4回しか出場していないことを意味する。

ダヴィド・ルイスについては、アーセナルが移籍の可能性を探っている。

引用元 football.london、和訳者 cheren

セスク・ファブレガス

セスク・ファブレガスは昨シーズン、アントニオ・コンテの元でチャンスを与えられたが、彼が望むだろうシーズンはなかった。

2019年に契約が切れる 30歳は、別のクラブへ移籍するかどうかを決定する必要がある。

ファブレガスは圧倒的な契約を結びたいとは考えにくいが、ACミランとイタリアへの切り替えなど、別のトップチームが彼にもっと喜んで提供する可能性があるかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

エデン・アザール

これは大きなもので、チェルシーがスター選手を握ることができるかどうか、これがアザールにとって大きな夏になるかもしれない。

次のシーズンには、ブルーズがチャンピオンズリーグへの出場資格を得られるかどうかはわからないが、27歳の選手はベストを再び試してみたい。しかし、チェルシーは 3回のシーズンのうち 2つのシーズンでヨーロッパのエリートと戦えないことがマイナスポイントとして映っているだろう。

もしそうなら、ベルギーのウィンガーとチェルシーが真の戦いを見せた後にチェルシーが手放さなければならないだろうし、レアル・マドリードがその受け入れ先となるだろう。

彼の契約は2020年に終了し、クラブはできるだけ多くのお金を彼に投じる必要がある。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

まとめ

今夏放出の可能性が高い選手のリストとして 6人が挙げられていますが、ダニー・ドリンクウォーターが入っていないのは意外だと感じました。彼がサッリの下でチャンスを与えられる可能性があるのだとしたら、パフォーマンスを発揮できなかった昨シーズンの分、捲土重来の活躍を期待したいですね。

やはりチェルシーも欧州トップクラブの 1つであり、ガリー・ケーヒルやセスク・ファブレガスといった年齢が高くなった選手達には厳しい結果になるかもしれません。

コメント