チェルシーの悲惨な状況を解消する完璧な解毒剤

Chelsea
スポンサーリンク

画像引用元 sportskeeda

チェルシー新監督のサッリは、前監督のアントニオ・コンテに変わる理想的な置き換えであり、現在のチェルシーの悲惨な状況を解消する解毒剤として報道されているようです。

 

引用記事の和訳

新しい監督は、多くの場合スタンフォード・ブリッジで家に帰ることはない。

ロマン・アブラモビッチ時代の監督交代のライフサイクルは、チェルシーのファンに特定の監督へ真に愛着を持たせるを警戒することとなった。このような発表の光景は、他のクラブにあるよりも重要ではない。

アントニオ・コンテの成功ではあったが強烈で乱暴なスタンフォード・ブリッジでの治世は結果として終わった。

彼はブルーズの成長し続けるトロフィーキャビネットに追加することができたが、間違いなくヘッドラインから離れてはならないクラブにとって彼が有毒だったという感覚は、彼の悲惨な第 2 シーズンの間にますます明らかになった。最終的にはイタリア人監督にとって痛烈な解雇につながった。

訓練されていない目では、マウリツィオ・サッリは、クラブの幅広いニーズに対応する程度をあまり考慮せずに、利用可能な最高の監督を選ぶだけで、もうひとつの「大衆的な」任命に見えるかもしれない。

しかし、偶然か意図的かにかかわらず、現ナポリの男性は現時点ではクラブにとって理想的であるかもしれない。

彼の最初の記者会見は、彼が多くの点でコンテの完全な開花であることを証明した。元ブルースの監督は、移籍市場での活動の欠如のためにクラブで絶え間なく手配されていたが、サッリはコンテの主張自体が「退屈」と主張する。

コンテが厳しい仕事と強さを強調したのに対して、サッリは彼の意図が何よりも楽しいものであることを繰り返し述べている。

チェルシーは大規模な再建が必要なクラブである。 ウィリアン、アザール、クルトワはすべて、より魅惑的な環境への移籍につながっている。

チャンピオンズリーグのサッカーが不足しているため、クラブがトップ選手を引き付けることがより困難になり、英国のビザに関するシナリオを考えれば、クラブへのアブラモビッチのコミットメントについての疑問が残る。

クラブの問題点のリストがあるとすれば、サッリは毒殺された聖職者に直面しているという感覚がある。しかし、元銀行員であるサッリは、この見通しとスキルがこの課題に近づいており、その状況を変えることができる。

彼が持っているチームとの仕事へのコミットメントと、スタンフォード・ブリッジで欠けていた「楽しい」感覚を返そうとする彼の意欲は、一度の悲惨な状況を、特にマウリツィオ・サッリの舵取りによってはるかに管理しやすいものに見える。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

前監督アントニオ・コンテの下で厳しい規律に置かれていたチームの惨状を新監督マウリツィオ・サッリが「楽しい」サッカーでチームの方向性を変えようと主張しているようです。

ワールドカップでもベルギー代表のクルトワがフランス戦で見せられた試合に勝つための引き篭もりサッカーに対して批判をしたところ、チェルシーのプレーはどうなんだと速攻でブーメランを投げられていた位、チェルシーは攻撃サッカーとしての魅力は少なかったチームです。

これをサッリがどのように変えていけるのか、日に日に迫る新シーズンが楽しみです。

 

コメント