ジャンフランコ・ゾラ、チェルシー首脳陣とファンに暫しの辛抱を願う

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

ジャンフランコ・ゾラが、新監督サッリのサッカースタイルは今のチェルシーには合っているが、これを実際に浸透させるには時間が必要だと語っているようです。

 

引用記事の和訳

ジャンフランコ・ゾラはマウリツィオ・サッリの関係に立ち、チェルシーの首脳陣へメッセージを送るようだ。

2人のイタリア人は 2018/19 プレミアリーグシーズンでブルーズを指導する。

チェルシーの新アシスタントヘッドコーチのジャンフランコ・ゾラは、マウリツィオ・サッリとの関係について明らかにしたが、新監督がチームを掌握することについて辛抱強くブルーズの首脳陣に電話した。

ワールドカップに出場したスター達がまだワールドカップ明けの休暇中であり、明日のパースでの試合でチームに合流できないため、チームを結成するためのサッリの準備は計画通りに進んでいない状況だ。

アントニオ・コンテがコブハム練習場でプレシーズンの最初の週にプレシーズンの準備を行っていたときに解雇されたのは奇妙な状況だった。サッリは、彼の将来について憶測がたった月の翌日にコンテに代わってチェルシー監督に就任した。

来週、ブルーズのレジェンドであるゾラが登場し、彼の知っていた上司を見て感心していた。しかし、彼は「サッリ・ボール (Sarri-ball)」のチームへの浸透に時間がかかることを知っており、クラブ首脳陣とファンは忍耐を持たなければならない。

「まず、マウリツィオのチームのサッカースタイルが好きだ」とゾラは Chelsea TV に語った。

「彼らは非常に統制が整えられていてディフェンスにも優れているが、非常に良いサッカーもしている。私はいつもこのタイプのサッカーを促進する監督を好んでいる。

「そして、私は彼と一緒に時間を過ごしているほど、私はその人、人間を高く評価している。彼は本当にいい男だ。

「彼は非常に厳しそうに見えるが、実際には彼は楽しい人だ。私たちが働いていても笑いが生まれる。 これはとても良いことだ。

「同じサッカーの哲学を共有することは非常に重要だった。これは現時点でこのクラブが探している哲学のタイプなので、とても良いマッチングになると思っている。

「マウリツィオは、彼らが求めているものをクラブに与えることができ、それを私は初めから信じている。だが、ファンや環境は、少しだけ忍耐強くなければならない。

「ワールドカップとマウリツィオが 1週間後に来るのは奇妙な一年だが、彼の哲学と彼のメソッドをチームに浸透させるのには少し時間が必要だ。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

今年はワールドカップ開催年でもあり、ワールドカップに出場してファイナルまで戦い抜いた選手達は現在バケーション中です。よって、例年なら既にプレシーズンの準備で合流が完了している彼らが未だ合流できていない状態となっているようです。

これはチェルシーも同様であり、今年は特にサッカースタイルの全く異なる監督であるサッリが就任したにもかかわらず、プレシーズンに当てられる時間が短くチームへのサッリ・ボールの浸透が遅々として進まない状況のようです。

チェルシーでのサッリ・ボールが見られるのは、シーズン本番に入って暫くしてからとなるかもしれず、そうなると、シーズン開始当初はあまり良い結果が得られないかもしれません。

今年はヨーロッパリーグへの参戦となり、週の中日に設定されるグループリーグ等やリーグ戦の当初はサッリ・ボールの浸透に当てられるでしょう。流石にビラス・ボアスの時代とは時代も異なりますので、オーナーのアブラモビッチも忍耐力を持ってもらいたいものですね。

 

コメント