チェルシー FW ウィリアンのバルセロナ行きが迫る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Daily Mail

バルセロナは自身が抱える EU 圏外選手の登録を順調に整理し、チェルシー FW のウィリアンを迎え入れる準備を着々と進めているようです。

 

引用記事の和訳

バルセロナの親友ウィリアンが到着しても、フィリペ・コウチーニョが EU 市民権を申請しているため、EU 以外の選手に頭痛で悩ませることはない。

昨シーズンのバルセロナ所属選手、パウリーニョ、フィリペ・コウチーニョ、ジェリー・ミナの 3人は、非 EU 選手だった。今シーズン、ラ・リーガチャンピオンは潜在的に3つの枠にに 5人の選手を持っている。

バルセロナはすでにブラジルのアルトゥール・メロと契約しており、ウィリアンにもサインする予定だ。これは、
パウリーニョが中国に復帰し、コウチーニョの差し迫った状態の変化が問題を解決すると見られている。

バルセロナは、フィリペ・コウチーニョが欧州連合(EU)の市民権を申請しており、シーズンが始まる前に新しいパスポートを持っていなければならないため、ウィリアンの到着は彼らに非 EU プレーヤーの頭痛を与えないと確信している。

コウチーニョは妻を介してポルトガルの EU のパスポートを入手することができ、クラブは 8月18日に始まる前に書類作成が完了することを期待している。

コロンビアの DF ミナはまだクラブを離れることができ、EU 以外の立場を自由にすることができる。

しかし、アヤックスのオランダ人 MF フレンキー・デ・ヨングとパリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオは、両方ともヨーロッパ人であり、この夏、もう一人の選手とミッドフィールダーを追いかけることを意図しており、クラブはそれを利用する可能性は低い。

Sportsmail は、チェルシーがウィリアンのためにバルセロナから 6500万ポンド(約95億円)の入札を受け入れるかどうか検討していることを日曜日に明らかにした。

マリーナ・グラノフスキアとオーナーのロマン・アブラモビッチは、今週、新監督のマウリツィオ・サッリに対する潜在的な買い越しと契約を評価する予定だ。

引用元 Daily Mail、和訳者 cheren

 

こちらの記事でも今夏の放出リストに挙げられていましたが、FW ウィリアンのバルセロナ行きが着々と推し進められているようです。

ウィリアンはブラジル人であり、チェルシーやバルセロナから見れば EU 圏外選手という扱いとなりますが、バルセロナでは EU 圏外選手の 1人であるコウチーニョに EU 圏市民権を取得させてこの制限から外し、代わりにウィリアンをこの枠に入れる予定のようです。

 

コメント