レアル・マドリード、エデン・アザールへの追撃を断念

Chelsea
KAZAN, RUSSIA - JULY 06: Eden Hazard of Belgium runs with the ball under pressure from Miranda of Brazil during the 2018 FIFA World Cup Russia Quarter Final match between Brazil and Belgium at Kazan Arena on July 6, 2018 in Kazan, Russia. (Photo by Catherine Ivill/Getty Images)
スポンサーリンク

画像出典元 101 Great Goals

高額の移籍金が設定されていたチェルシーのエデン・アザールですが、移籍先候補として目されていたレアル・マドリードは、アザールの獲得を諦めて自チームの選手で補う方針を固めたようです。

 

引用記事の和訳

Diario AS によると、レアル・マドリードは、チェルシーの FW エデン・アザールの金額が設定された後、彼との契約を結ぶ興味を終えたようだ。

ブルーズが世界記録の 2億ポンド(約290億円)を要求し、プレミアリーグの移籍枠を 8月9日に締め切ることにより、スペインの巨人ロス・ブランコスはベルギー人との契約を完了することはありえないほど難しいと認めた。

レアル・マドリードの新監督、フレン・ロペテギは、代わりにイスコ・アラルコンをスタートラインナップでより重要な役割を果たすように設定し、26歳を中心に彼のチームを形作ることになるだろう。

アザールへの関心は終わった

今月初めにクリスティアーノ・ロナウドがユベントス FC に移籍した後、マドリードは彼らの次のギャラクティコにサインしたいと考えているエデン・アザールは、フロレンティーノ・ペレス会長がサインを推し進めようとしていた選手だった。

しかし、27歳の選手をスペインの首都に連れて行くことは、必要とされる膨大な財政支出を考えれば、ますます起こりそうにないようだ。

リーグ優勝を達成した欧州チャンピオンは、アザールのような人気選手にサインをしなくても、次のシーズンに向けて十分にプレーすることができると確信しているようだ。

イスコの主要な役割

クリスティアーノ・ロナウドが抜けた空白を埋めるために、ロペテギ監督はイスコを信頼してそのポジションに設定するようだ。彼はまた、スペイン代表チームを担当しているときにもイスコのチームを作りあげていた。

MF マルコ・アセンシオは、クラブの最も有望な若い 22歳の選手で、一緒にマドリードが育てようとしている選手だ。

ロス・ブランコスは、アザールのサインがファーストチームにおけるアセンシオの成長を阻害し、プレイヤーに署名することに慎重なことは、スペイン人をスターティングイレブンのレギュラーポジションに安定させると信じている。

ネイマールとキリアン・エムバペの両選手パリ・サンジェルマンに留まるようならば、アザールはギャラクティコの唯一の契約になると思われるのだが、レアル・マドリードはアザールのストーリーを終えてイスコに勝ち残るチャンスを与えるようだ。

引用元 101 Great Goals、和訳者 cheren

 

史上最高金額の 2億ポンドの移籍金が設定されたエデン・アザールですが、レアル・マドリードが獲得を諦めたことによりチェルシーへの残留が決定しそうです。

アザールとレアル・マドリード間の契約には成功していたようですので、移籍が叶わなかったアザールの来シーズンのモチベーションが心配ですが、サッリ新監督の手腕で彼の活躍を導いて欲しいですね。

 

コメント