モラタ、アンパドゥ、バカヨコ – インテルとのプレシーズンマッチにおける勝者と敗者

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

プレシーズンマッチとして行われたインテル戦では、21人もの選手が出場しましたが、その中で活躍できた選手、できなかった選手のカテゴリ分けが行われたようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーは土曜日の夜、ニースでのインテル・ミラノ戦で PK 戦に勝利し、プレシーズンマッチで2勝とした。

マウリツィオ・サッリは未だ彼のサッカーのスタイルをチームに導入しようとしているが、サッリが彼のチームを解決し続ける中で、複数のメンバーがゲームの流れを殺してしまう前に、OGC ニースのホームスタジアムであるアリアンツ・リヴィエラでの 45分に励まされることがあった。

ブルーズはマンチェスター・シティ FC とのコミュニティ・シールドを迎える前にアーセナル FC との試合を水曜日の夜に控えているが、新しいヘッドコーチに感銘を与える時間はもう無い。

しかし、フランスの試合に出場した 3人の勝者と 3人の敗者は誰だろうか。

勝者
MF イーサン・アンパドゥ

昨シーズンにファーストチームに参加した後は、これまでのプレシーズンで両方の試合にスターティングメンバーとして出場したことにより、サッリの今後のシーズンの計画の一部となる可能性もあるようだ。

もちろん、ワールドカップの選手たちは戻ってきただけなのだが、アンパドゥはダヴィド・ルイスの後ろで確実に頑張っている。そして彼の多才さは、彼の将来を変えてくれるだろう。

インテル戦は、若きウェールズ代表にとって厳しいテストだった。後ろからプレーすることを望んでいたが、彼はいくつかの難しい場所に自分自身を置いた。しかし、彼は状況にうまく対処し、オン・ザ・ボール時にパニックに陥らなかった。

FW カラム・ハドソン・オードイ

本当に輝いた別の若者はカラム・ハドソン・オードイである。その前に彼に対する誇大宣伝があったならば、それは今年の夏までに 2回の印象的なプレーの後に成長しただけだ。

ファンはこの 17歳の若者がすばらしい足を持っていることを知っている。彼は大きな力と意識を示しており、アタッキング・サードとしての彼のパフォーマンスを奨励している。

ハドソン・オードイがサッリの側でスターティングメンバーを獲得しようとしているなら、彼はこの種の上達を引き続き示す必要があるだろう。しかし、彼は恐れず、ファーストチームで簡単にミックスできることを証明している。

FW アルバロ・モラタ

チェルシーではストライカーの状況はまだ分からないが、ブルーズはゴンサロ・イグアインと引き続きりんくしており、アルバロ・モラタの将来も影響している。

ニースでは、25歳の彼は証明するための本当のポイントを持っていたように見え、彼は猛烈なプレーでゲームを始めました。
ペドロのゴールの鍵を握った彼は、ボールを獲得するために熱心にシュートを放ったがセーブされた。

恐らくサッリのスタイルは、アントニオ・コンテのものよりもモラタにふさわしいかもしれない。また、モラタも双子の父親になったので、彼の自信が空高く続くことができれば嬉しく思う。

敗者
MF ティエムエ・バカヨコ

ティエムエ・バカヨコはモナコからチェルシーに移った後、本当に厳しいシーズンを迎えた。昨シーズンが終わった後、2年目のシーズンには彼が咲くことを望んでいた。

しかし、インテル戦では、フランス人にとって後転したようなものであり、インテルが得点を決めたボールは後半の残りの部分がかなり不調だった。

23歳の選手が調子を整える時間は間違いなく存在するが、ミッドフィールドはかなり良く見え、エンゴロ・カンテはまだ復帰していない.バカヨコはプレー時間を確保するのに苦労する可能性がある。

MF チャーリー・ムソンダ

昨シーズン、ムソンダはチーム内で最も賞賛された選手の一人だったが、今夏はハドソン・オードイの序列が上がるこのにより彼の株が下がっていくかもしれないように見える。

ムソンダはチームの一員であるにもかかわらずニースでの試合には出場しなかったし、ブルーズは 11人の選択肢を使用できるので、今は彼の将来がどうなっているのか疑問に思う。

レンタルのカードとして、21歳に白羽の矢が立つ可能性がある。特にこのウィンガーは今年セルティックに元々通っていたはずだ。

DF アンドレアス・クリステンセン

このカテゴリーにデンマーク人代表が入った主な理由は、彼は試合の終わりに向かってピックアップし、フィニッシュに向けて手を伸ばした際に負った負傷のためである。

それは深刻なものではないと予想されているが、サッリが導入を進めるサッリ・ボールはセンターバックがそれの重要な部分を占めており、ボールを中盤に素早く動かすスタイルだ。

クリステンセンは、イタリア人監督に感銘を与えてスタートラインでの彼の位置を争うことを望んでいる。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント