ダヴィド・ルイス、今夏の移籍市場でのチェルシーからの離脱を拒否

画像出典元 football.london

チェルシー DF ダヴィド・ルイスが今夏での移籍を拒否し、サッリ新監督の下でレギュラー奪取の再チャレンジを行うようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリはチェルシーを去ろうとするスターを説得し、チェルシーでの新しい時代を築くのを助ける。

ダヴィド・ルイスは、新監督としてマウリツィオ・サッリが任命された後、今夏の移籍市場でチェルシーから離れるという提案を拒否した。

昨シーズン、ブラジル人はアントニオ・コンテの下で好意を失った。そして、パリ・サンジェルマンから戻ってからわずか 1年後にスタンフォード・ブリッジを離れるという噂が流れている。

しかし、ブルーズの監督の変更に続いて、彼は元 SSC ナポリの監督がクラブにもたらした哲学 に基づく新しいプロジェクトに自分自身をコミットする準備ができているようだ。

ルイスがフランスのパリ・サンジェルマンでの 2シーズン後にチェルシーに戻ってからほぼ 2年経過した。彼はサッリが CB に求めているすべての属性を持っているはずだ。

カリドゥ・クリバリとラウール・アルビオルは、ヨーロッパで最も自由に流れるチームを構築するために必須だった基盤をイタリア人監督に提供するために、ディフェンスラインの強固なパートナーシップを結成した。

「パリからここに戻ってくる決心をしたとき、それはプレミアリーグに勝ち、チェルシーで何かをやり直すことだった。だから私はここでとても幸せだ」とスカイスポーツが報告したようにルイスは言った。

「私はサッリの哲学が大好きだ。私達は技術的な面で多くの財産を持ち、高い評価を受けています。彼は毎日私達が自分の哲学を素早く学ぶのを手伝っている。

「新しい哲学には常に時間を要するが、それはまた私たちに依存している。毎日献身的にトレーニングをしていれば、すぐに学べると思っている。

ルイスは、2017年にプレミアリーグで優勝したチームの重要なメンバーだったが、彼は昨シーズンの途中で、ディフェンスのポジションをアンドレアス・クリステンセンに取って代わられた。

サッリは来シーズン 4バックを使用することが期待されている。彼はボールの所有、ピッチの 3分の1 の動き、ボール上のプレーヤーの技術的な質に基づいて攻撃側の側面を作り出すことを目指している。

これまでの彼のキャリアの過程で、ルイスは、2010年と 2016年にチェルシーへの 2回の送金を含む 9648万ポンド(約142億円)の合計額で購入され、売却された。

当時、彼は 2014年にパリ・サンジェルマンに移籍して以来、このゲームの歴史において最も高価なディフェンダーとなった。なお、マンチェスター・シティ FC とリバプール FC の契約により、バンジャマン・メンディとフィルジル・ファン・ダイクにサインすることで、その記録は破られた。

オランダ人は 1月にサウサンプトンからリバプールのアンフィールドに移ったときにタイトルを獲得した。彼はレッズに加入する前にチェルシーに移籍していた。

引用元 football.london、和訳者 cheren

前監督アントニオ・コンテとの確執が噂され、今夏での放出がほぼ確実と見られていたチェルシー DF ダヴィド・ルイスは監督が代わった環境でサッリ・ボールの習得を目指して日々研鑽中とのことです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)