チェルシーのフォーメーションとして 4-2-3-1 が合っている理由

LONDON, ENGLAND - JANUARY 28: Marcos Alonso of Chelsea celebrates after scoring his sides third goal during The Emirates FA Cup Fourth Round match between Chelsea and Newcastle on January 28, 2018 in London, United Kingdom. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

画像出典元 The Pride of London

今シーズンのチェルシーのフォーメーションは 4-4-3 が基本と言われていますが、メディアの中には 4-2-3-1 の方が良いと主張している媒体があるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

エンゴロ・カンテは、チェルシーのプレシーズンで一番欠けている選手だ。

マウリツィオ・サッリは、いくつかの代替案に基づいて、カンテが復帰するときに 4-2-3-1 を計画することができる。

マウリツィオ・サッリは、フォーメーションを信じる監督ではない。

フォーメーションは、いつも信じられないほど複雑なものを単純化した側面を持つ。サッリがそれを信じていないにもかかわらず、フォーメーションについて話すことは、議論に役立つ可能性のあるプレイヤーにとっては若干異なる役割を暗示する可能性がある。

時折、2つのフォーメーションの違いは最高で主観的であるが、時にはそれはほんの僅かであり、ほとんど目立たない。しかし、サッリはプレシーズン中に途中で注目に値する変化を見せている。

ジョルジーニョとセスク・ファブレガスは、サリが知られている 4-3-3 のようなフォーメーションを取っており、第3 の MF は重要ではない。

しかし、ファブレガスがピッチ上に居ないとき、フォーメーションは 4-2-3-1 の外観をとる。これは、他の MF が守備的 MF に近いからと推測される。

そして、それはエンゴロ・カンテがチェルシーに戻る時に来るべきことのヒントかもしれない。

さらに、このプレシーズンでは選手の中には、より多くのプレイ時間が必要なものがあり、4-2-3-1 がそれらを組み込む方法にもなる。

ジョルジーニョの役割の本質は流動的であるが、一般的には彼は中心的な位置にあり、ピッチではスペイン人のファブレガスがセンターの広い領域を占めている。

しかし、ダニー・ドリンクウォーターやティエムエ・バカヨコがファブレガスの代わりに出場している場合、そのアイデアは変わる。

ジョルジーニョとドリンクウォーター/バカヨコは、どちらも中心部のより広い領域を取るため、互いのラインを形成する。残りの MF、通常ロス・バークリーまたはルーベン・ロフタス=チークは、中央に留まりピッチを上げます。

それははっきりと 4-2-3-1 タイプのセットアップだ。

カンテは、ファブレガスよりもドリンクウォーターとバカヨコに似ている。なので、カンテが帰ってきてそのポジションを取っていくのを見て驚く必要はない。

これまでのところ、ファブレガスはおそらく MF のスターターの中ではプレシーズンの中で最も消耗する。

それはカンテがフィールドの中心点の前方にいくつかの興味深いオプションを与えてくれる。

4-2-3-1 は、中心点が十分に強く作成することができれば、追加のアタッカーをピッチ上で使用することができる。ジョルジーニョとカンテのデュオがそのボックスをチェックする。

このプレシーズンでは、2人のアタッカーが実際に残りの部分を上回っていて、4-2-3-1 の方がより適切に対応できている。

第1の選択はロス・バークリーで、すでに 4-3-3 でプレーできることが証明されている。しかし、彼をもっと遠くに置くことで、彼がプレイにもっと関わるようになり、スピードの欠如をカバーするだろう。

ロス・バークリーを高目のポジションに配置すると、アルバロ・モラタがボールを落として受け取るようになるだろう。

しかし、もっと興味深い選手はカラム・ハドソン・オードイだ。

ハドソン・オードイは、このプレシーズンで最高の選手ではなかっただろうか。彼はいずれかの側面でもストライカーの後ろのポジションでもプレイすることができ、このプレシーズンは彼のパフォーマンスを開始するに値する。

エデン・アザールが復帰したとき、4-2-3-1 がそれらを収容する方法となり得る。

アザールまたはハドソン・オードイのいずれかが中心になる可能性がある。2人が頻繁に回転するので、それは型にはまったものになるだろう。

しかし、ピッチで両方を持つことは、両方に対処する方法についての小さなアイデアで逆サイドを広げるだろう。

アザール、ペドロ、ハドソン・オードイ、バークリー、ウィリアンの組み合わせの中で、ジョルジーニョとカンテで構成された中盤は本当に危険な光景になるかもしれない。

アザール、オスカル、フアン・マタの古いトリオがチェルシーに 3人の美しいラインを構成していたからではない。

カンテが戻ったときにこの変更の引き金になるだろうし、それはサッリの采配で信じられないほどスマートな動きになるだろう。

4-2-3-1 と 4-3-3 はとても似ているが、4-2-3-1は 現時点ではチェルシーの最高のスターティングイレブンに適している。

そのコンビネーションで、ブルーズはプレミアリーグでアーリーマーカーを置くことができるだろう。

引用元 The Pride of London、和訳者 cheren

チェルシー監督マウリツィオ・サッリが SSC ナポリ監督時代に 4-3-3 を使用していたことから、チェルシーでも同じポジションを使用することが推測されていますが、現在ワールドカップ休暇中の MF エンゴロ・カンテがチェルシーに戻ってきたら、4-2-3-1 の方がチェルシーに向いていると提言するメディアがありました。

中盤の底をジョルジーニョとカンテのダブルボランチで固めて、攻撃的 MF としてロス・バークリーを置くポジションがファーストチョイスとして考えられているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)